ボストン育毛サプリ

ボストンが育毛サプリで一番オススメな理由|成分の裏事情と口コミレビュー

どうせ費用をかけて育毛サプリを飲むなら、「いちばん効果が期待できるサプリ」を飲みたいですよね。

「いちばん効果がある育毛サプリは?」と聞かれたとき、僕であれば「ボストン」と答えます。

 

最近はボストンより成分が充実してるようにみえる「イクオスサプリEX」といった商品も出てきていますが、よくよく調べるとやはりボストンに軍配が上がります。

この記事では「なぜ現状ボストンがもっともよい育毛サプリといえるのか?」についてご紹介していきます。

 

育毛サプリ【BOSTON】
公式サイトで確認してみる

 

 

 

ボストンのメイン成分「ノコギリヤシエキス」の価値

育毛サプリは髪の毛の成長に役立つ様々な成分を同時に摂取することができます。

そのなかでもボストンを始めとする多くの育毛サプリが「メインの成分」として配合しているのが「ノコギリヤシエキス」です。

 

ノコギリヤシエキスが育毛サプリの主役成分である理由

ノコギリヤシエキスは、体内で「5αリダクターゼ」という酵素のはたらきを阻害することが確認されています。

「5αリダクターゼ」は男性ホルモンであるテストステロンを、より強力なホルモンである「DHT」(ジヒドロテストステロン)に変換します。

このDHTが「抜けてもいいよ、というシグナル」を毛根におくることがAGA(男性型脱毛症)の主な原因となってるんですね。

ノコギリヤシエキスは5αリダクターゼの働きを阻害することで結果的にDHTを抑制し、AGAによる薄毛の進行をおさえる効果が期待されています。

 

ノコギリヤシエキスをフィナステリドと比較した研究も

育毛サプリに配合されるような成分は、フィナステリドなどの薄毛治療薬とは違い、「人にたいする育毛・発毛効果を確認するための臨床試験」などはおこなわれていないのが普通です。

そのなかでノコギリヤシには「フィナステリドの効果と比較した臨床研究」があります。

(参考記事:ノコギリヤシとプロペシア(フィナステリド)のAGA育毛効果を比較した研究論文の内容

こちらの記事でご紹介している研究ではAGAの男性100名を対象に、2年間にわたって「フィナステリド」(AGA治療薬)と「ノコギリヤシエキス」を毎日摂取することによる効果を比較しました。

その結果、

  • フィナステリド:全体の68%に薄毛改善効果がみられた
  • ノコギリヤシエキス:全体の38%に薄毛改善効果がみられた

と、ノコギリヤシエキスにも一定の効果がみられたんです。

AGAは進行性(時間がたてばたつほどひどくなるもの)なので、「逆に改善した」人が38%というのは小さくない数字だといえます。

 

ノコギリヤシエキスに効果が期待できる必須条件

ではノコギリヤシエキスを1日どれくらい摂取すれば効果が期待できるのでしょうか?

上記の臨床試験で2年間摂取してもらったノコギリヤシエキスは、「1日320mg」でした。

まずこれがノコギリヤシエキスの摂取量の目安になります。

 

異なるノコギリヤシエキスのタイプ

ただ、ノコギリヤシエキスには異なる2つのタイプがあり、それによって必要な摂取量が違ってきます。

https://www.worldfizz.com/supplement/sawpalmetto/

こちらの記事でもくわしくご紹介していますが、ノコギリヤシから抽出した「オイル状のエキス」と、それを加工して「粉末状にしたもの」があるんですね。

 

ノコギリヤシエキスのタイプによって、有効成分の量が違う

そして「オイル」と「粉末」では含まれる有効成分(脂肪酸と植物ステロール)の量が大きく異るという研究があります。

『市販のパルメットサプリメントの脂肪酸および植物ステロール含有量』(Fatty Acid and Phytosterol Content of Commercial Saw Palmetto Supplements)によると・・

  脂肪酸 植物ステロール
粉末タイプ
(5商品の平均)
179.6mg
(含有率18%)
0.42mg
(含有率0.04%)
液体(オイル)タイプ
(7商品の平均)
908.5mg
(含有率90.0%)
2.04mg
(含有率0.2%)

 

ノコギリヤシエキスのサプリメント全12商品にふくまれる有効成分の量を比較したところ、このような結果だったんですね。

ご覧のように「粉末タイプ」には「オイルタイプ」の5分の1程度しか有効成分が含まれていません!

おそらく「粉末に加工するプロセスで、有効成分が失われてしまう」ためだと考えられます。

 

ノコギリヤシエキスの摂取量目安は「オイルで320mg」「粉末で700-800mg」

このような事実により、ノコギリヤシエキスはそのタイプによって必要な摂取量が異なります。

医学博士のレイ・サへリアン医師によると、

ノコギリヤシ製品を有効にするためには、85~95%の脂肪酸を含む320mg、または45%脂肪酸を含む640mgが必要です。このレベルの脂肪酸を持たない製品の中には効果がないものもあります。

(出典:New Saw Palmetto Review for Prostate Limited

とされています。

先ほどの研究のとおり、「オイルタイプ」には約90%の脂肪酸が含まれ、「粉末タイプ」には約20%の脂肪酸が含まれていました。

つまり「85-95%の脂肪酸を含む320mg」は「オイルタイプ」のノコギリヤシエキスのことなんですね。

粉末タイプの場合、サプリの原料メーカーの話によると「700-800mgが必要」とされているようです。

(参考サイト:ノコギリヤシの育毛サプリはどの商品が1番良いのか?

ノコギリヤシの摂取目安を満たすのは育毛サプリは「ボストン」のみ

以上のノコギリヤシエキスの摂取目安をもとに、各育毛サプリのノコギリヤシエキスの「タイプ」「量」を比較してみましょう。

  ノコギリヤシエキス量 ノコギリヤシエキスのタイプ
ボストン(BOSTON) 300mg オイル(ソフトカプセル)
イクオスサプリEX 300mg 粉末(打錠)
GUNGUN 200mg 粉末(打錠)
フェルサ 100mg 粉末(打錠)
チャップアップサプリ 非公表 粉末(打錠)
ブブカサプリ  135mg 粉末(打錠)
小林製薬ノコギリヤシEX  320mg オイル(ソフトカプセル)

このように、「オイル」で「320mg」という目安に近い(ほぼ満たしている)育毛サプリはボストンだけなんですね。

(※小林製薬ノコギリヤシEXは前立腺肥大対策のサプリで、ノコギリヤシ以外の成分が育毛成分ではありません)

この事実から、

「育毛サプリのなかでもメイン成分のノコギリヤシエキス。

そのノコギリヤシエキスの効果がもっとも期待できるのがボストン」

といえるわけです。

これが、僕が育毛サプリのなかでボストンをもっとも評価している理由です。

 

 

イクオスサプリEXも、ノコギリヤシエキスは粉末

「ボストン以上の成分で、しかも安い」ということで今話題になっている「イクオスサプリEX」。

「ノコギリヤシエキスはボストンと同じ300mg」で、かつ他の成分量が多いということで「イクオスサプリの勝ち」としているサイトも多いですが、実はノコギリヤシエキスが粉末になっています。

つまり「700-800mg必要なのに、300mgしか入っていない」わけで、ノコギリヤシエキスの効果を期待するならベストの選択とはいえないんですよね。

 

ちなみに・・オイルと粉末の見分け方

ちなみにノコギリヤシエキスがオイルか粉末か?を見分けるための目安となるのが「サプリの形状」です。

粉末を圧縮した「打錠タイプ」、粉末を中に閉じ込めた「カプセルタイプ」は粉末のエキスを使用しています。

逆にボストンのようにオイルエキスを使用する場合は「ソフトカプセル」になります。

 


▲ボストンはソフトカプセル。

 

 

ボストンの他の育毛成分について確認してみよう

ボストンにはノコギリヤシエキス以外にも多くの「育毛に役立つ成分」が配合されています。

【ボストンの原材料表示】

ゼラチン、ノコギリヤシエキス、サフラワー油、フィッシュコラーゲンペプチド、亜鉛含有酵母、大豆抽出物(イソフラボン含有)、イチョウ葉抽出物、ケラチン加水分解物、銅含有酵母、ヒハツエキス末、ミレットエキス末、フィーバーフューエキス末、コエンザイムQ10、メチルサルフォニルメタン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、カラメル色素、酵素処理ヘスペリジン、L-シスチ ン、L-アルギニン、パントテン酸カルシウム、抽出ビタミンE、ビタミンB6、葉酸、L-リジン塩酸塩、ビタミンB12

 

サプリメントは食品扱いのため、原材料表示は「量が多い順に表示する」という原則になっています。

やはりメインの「ノコギリヤシエキス」は上位に表示されていますね。

ちなみにトップに来ているゼラチンはソフトカプセルの成分ですが、髪の成長必要なタンパク質「コラーゲン」と同じアミノ酸組成なので、髪自体にもいいと想像できるのですが実際どうなんでしょうね?

それでは上のほうから、ノコギリヤシエキス以外の成分にどんな働きが期待できるのか、見ていってみましょう。

 

フィッシュコラーゲンペプチド:100mg

コラーゲンを摂取することで髪の毛が太くなったという研究も存在しています。

”62日のコラーゲン摂取により、髪の太さが著しく太くなり、また髪の毛の抜けにくさも増した。コラーゲンの摂取をやめると、髪の太さは元に戻った。”

Scala J et al., Effect of daily gelatine ingestion on human scalp hair. Nutr Rep Int 13:579-592 (1976)

イタリアのミラン大学薬理学部の研究によると、 コラーゲンの摂取によって毛包(髪の毛の元になる部分)の活動が活発になった。被験者に3ヶ月コラーゲンを摂取してもらったところ、髪の毛の直径が平均35%、最大で49%増加した。

Morganti P, Randazzo S, Bruno C: Oral treatment of skin dryness. Cosmet Toilet. 103 (1988) 77-80

「コラーゲンを摂取してもアミノ酸に分解されるので、体内のコラーゲンが増えるわけではない」といわれていますが、実際には髪の毛に良い効果がでているようです。

たとえ分解されるとしても、豊富なアミノ酸が髪の成長のために役立っているのかもしれませんね。

ボストンに配合されている「フィッシュコラーゲンペプチド」は、分子量がもともと小さめで吸収されやすい「フィッシュコラーゲン」をさらに分解して吸収しやすくしたものです。

 

亜鉛:4mg

細胞分裂やタンパク質の合成に必須のミネラルで、不足すると髪や爪に悪い影響が出てしまいます。

ただ過剰に摂取しすぎると、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)を増やしてしまうため、注意も必要です。

(参考:亜鉛はDHTを抑制しない!という衝撃的結論|AGAへの効果は限定的?

厚生労働省のデータによると、

「亜鉛の1日の推奨摂取量」ー「日本人の平均的な食事からの亜鉛摂取量」=2〜3mg/日

なので、ボストンの亜鉛配合量4mgは「ちょうどいい」といえますね。

 

ライフスタイルによってはもう少し摂取したい?

ただ、

「食事からの亜鉛摂取量が少ない」
「射精回数が多い」(1回の射精で約7mgの亜鉛が消費されるといわれています)

といった場合は、もう少し亜鉛を摂取したほうがいいかもしれません。

 

 

 

イソフラボン:20mg

すぐれた抗酸化作用で細胞を傷つける活性酸素を取り除き、また女性ホルモンのように働くことで男性ホルモンの影響をやわらげてくれます。

また動物実験ではDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果もみられており、薄毛対策にはぜひ取り入れたい成分です。

イクオスサプリEXなどは100mgとかなり多めに配合されていますが、

  • 推奨上限摂取量:75mg/日
  • そのうちサプリなど健康食品からは:30mg/日

とされています。

(参考資料:「大豆イソフラボンを含む特定保険用食品の安全性評価の基本的な考え方」)

ボストンの20mgは、補助としてはちょうどいいイソフラボン量だといえます。

 

イチョウ葉抽出物(イチョウ葉エキス):10mg

「生きている化石」といわれているイチョウの葉から抽出したエキスで、豊富な種類のフラボノイドと、イチョウ葉にしか含まれないギンコライドという有効成分を含みます。

毛細血管を拡張して血流をよくすることで、毛根に十分な栄養を届ける働きが期待できます。

 

ケラチン加水分解物

髪の材料である「ケラチン」というタンパク質を加水分解したもの。

髪の毛の材料となるシスチンなどのアミノ酸が豊富に含まれています。

 

銅(銅含有酵母)

銅は亜鉛とともに必須なミネラルですが、体への吸収は微妙なバランスをとっており、「亜鉛を摂取しすぎると、銅の吸収率が落ちて銅が不足しがちになる」ことがあります。

そのため亜鉛を摂取する場合は銅をいっしょに摂るといいといわれていて、ボストンに配合されている理由もこれだと考えられます。

 

ヒハツエキス末:5mg

「long pepper(長い胡椒?)」という英名のとおり、ヒハツは香辛料として古くから使われています。

インド伝統医学(アーユルヴェーダ)では消化不良や食欲減退時にいいとされていますが、最近の研究ではコエンザイムQ10など他の栄養成分の吸収をたすける働きがあることもわかってきました。

サプリに配合されていることで、他の育毛成分がより効率よく吸収されるようになることが期待できます。

 

ミレットエキス:5mg

ヨーロッパで古くから「飲む育毛剤」として親しまれてきたキビ科の植物から抽出したエキス。

髪の材料となるアミノ酸を豊富に含み、ドイツのバイエルといった大きな製薬会社がミレットエキスを主成分とした育毛サプリを生産・販売しています。

ボストンの5mgという量はかなり少ない方で、ミレットエキスについては150mg配合しているイクオスサプリEXなど、他の育毛サプリのほうがすぐれています。

 

フィーバーフューエキス:3.1mg

偏頭痛に効果があることが知られていますが、有効成分「パルテノライド」に発毛効果がある、という研究が2008年に発表されています。

ただその後の研究の進展がなく、「1日何mgの摂取が推奨」といったデータがでていないのが残念なところ。

市販のフィーバーフューエキスサプリの配合量をみてみると250mg、380mg、500mg/日・・といった感じなので、ボストンの3.1mg/日の配合量は少なめです。

補助的な成分といえるでしょう。

(他の育毛サプリも「配合量非公表」なので、同程度のかなり少なめの配合量と思われます)

 

 

コエンザイムQ10

脂溶性の抗酸化物質として、体内の活性酸素(細胞を傷つけ、老化や病気の原因となる)を取り除くのに活躍してくれます。

 

その他補助的な成分(量的にも補助的になると思われる)

その他の成分としては抗酸化力の高いビタミンB類、髪の毛の材料となるアミノ酸であるシスチンなどが配合されていますが、量的にも補助的な成分であることは間違いありません。(原材料表示の最後のほうに表示されているため)

 

ボストンで特に評価したいノコギリヤシエキス以外の成分は・・

ということで補助的な成分をのぞく、ボストンで評価できるノコギリヤシエキス以外の成分をまとめてみると、

  • フィッシュコラーゲンペプチド:コラーゲン摂取で髪が太くなったという研究があり、髪を太くたくましくする働きが期待できる
  • 亜鉛:細胞分裂やタンパク質合成に必要な亜鉛をしっかり確保することで、髪の成長をスムーズにする
  • イソフラボン:女性ホルモン様作用などによって、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響力を小さくする

このようになります。

この3つのはたらきに加え、イチョウ葉エキスやミレットエキスといった補助的成分も豊富に配合されていることが、ボストンの強みのひとつといえるでしょう。

 

ボストンの購入方法と他の育毛サプリとの価格比較

ボストンを安く購入する方法と、他のサプリとの価格比較も確認してみましょう。

ボストンは成分的に充実したサプリなだけに、他の育毛サプリに比べると価格は高めになっています。

  通常価格 1本定期便 3本定期便 3本まとめ買い 6本まとめ買い
ボストン(BOSTON) 7,380円 6,480円
(3回)
4,827円
(3回)
5,333円 4,997円
イクオスサプリEX  6,980円  4,380円
(1回)
     
モサイン  4,980円  4,482円
(1回)
     
GUNGUN 5,980円 3,980円
(3回)
     
フェルサ  6,200円  5,537円
(1回)
     
チャップアップサプリ  5,519円  4,611円
(1回)
     
ブブカサプリ  6,000円  4,796円      
小林製薬ノコギリヤシEX  2,500円  2,250円
(3回)
     

※1本(1ヶ月分)あたりの価格・税別表示

ボストンは「1本定期便」だと他のサプリに比べ割高ですが、「3本定期便」にすると1本あたり5,000円をきってきます。(税別)

ただ定期便は最低3回継続する必要があるため、個人的にボストンを購入するときは、いつも「3本まとめ買い:1本あたり税別5,333円」を利用しています。

>>ボストンの「3本まとめ買い・3本定期便」

 

ボストンの口コミ。なんらかの効果は感じられた?

僕が最初にボストンを購入したときは今ほど成分についての知識はありませんでしたが、そのときにいちばん参考になったのは「口コミの評判の良さ」でした。

公式ページの本当かどうかわからない口コミではなく、育毛ブログや2CHのコメントなどで総じて評判が高かったんですよね。

自分で使ってみても「髪が太くしっかりしてきた」「パッと見て黒い部分が増えてきた」といった、口コミにあったのと同じような効果を感じることができました。

 

ここで参考のために、購入者しか書き込みできない楽天の販売ページの口コミをピックアップしてみます。

 

 

効果があった!?

4回目の購入です。

最近になって髪がフワッとするようになりました!

値段が高いので長く続けれるか分かりませんが効果が期待できる商品だと思うので、できる限り続けたいと思います。

髪の少なくて軟らかい彼氏のために、お試しで買ったのですが値段もけっこうするので、辞めようと思ったのに、美容室で髪が硬くなったとほめられたそうで続けるみたいです(笑)

利用し始めて、2ヶ月ですが抜け毛は個人の感想で減ったように思います。

シャンプー跡でタオルなどの表面には、以前では複数本の抜け毛が有りましたが確実に減ったように思います。もう暫く様子をみます。

彼氏に頼まれて

このサプリを飲みだして抜け毛が減って髪にハリがでてきたそうです☆
面倒くさがりの彼氏ですが、このサプリだと続けられそうです(笑)

再度チャレンジ

以前から何度か利用をしていましたが、最近は他の商品のサプリに変えていました。

しかし、やはりこちらの商品の方が効果が高そうですので出戻りです。少し続けてみます。ちょっと値段が高いのがネックかな?

他のサプリと比較して「やっぱりボストンのほうが効果が高そう」と感じられたというのは興味深いですね。

成分の事情からすると、こういう口コミも納得できます。

 

様子見・・?

まだ様子見の段階・・・??2ヵ月前から飲んでいますが、なんとな~く効果があったような、ないような・・・??
因果関係はわかりませんが、飲んでいるとストレスがあまり溜まらない気がするので、続けていきたいと思います。

まだ飲み始めて半月程しか経っていないので効果はまだまだ分かりませんが、抜け毛等は少なくなってきた気はします。心なしかちょっと増えたように見えなくも・・・

サプリは医薬品にくらべると作用がゆるやかなので、なかなか数ヶ月で効果を感じるのはむずかしいかもしれません。

できれば半年くらいは継続して様子を見たいですね。

 

育毛に必要な成分がまとめて摂れる

育毛に必要な成分がこれ一つで摂れます。

同じ成分を単品で購入するとひと粒ひと粒飲むのも面倒だし場所もとります。手軽に飲めていいと思います。

亜鉛サプリやリジンは飲んでいましたが、粒が大きく何錠も飲まなくてはいけないので少し負担に感じていました。

とにかく1錠で補えるのが魅力です。

サプリメントなので即効性は期待できませんが、健康にも良さそうなので、続けていきたいと思います。

「亜鉛」「ノコギリヤシ」「イソフラボン」といったサプリをそれぞれバラバラに摂取している人もいると思いますが、合計するとそれなりの金額になってしまいます。

まとめて育毛成分が摂取できる飲みやすさや続けやすさから、ボストンのメリットを感じている人もけっこういるみたいですね。

 

口コミを見てみて

こうして口コミを見てみると、効果は「髪が劇的に増えた!」というよりも、「抜け毛が減った」「髪が太くなった」というのが多かったです。

 

サプリメントなので当然といえるかもしれませんが、

「抜け毛を減らして進行を食い止め、髪を太く、丈夫に根付かせる」

という目的で使うのがベストだといえますね。

 

ハゲた状態から回復を狙うためにはミノキシジル・フィナステリドなどの医薬品や医療機器【ヘアマックス】、あるいはエビデンスが公開されているキャピキシルなどが必要になると思います。

 

まとめ

以上、今回は「育毛サプリのなかでボストンがもっともおすすめできる理由」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ノコギリヤシエキスの「粉末」「オイル」というタイプの違いについてはあまり情報が出回っていませんが、市販のサプリを検査した結果「約5倍」もの有効成分量の違いがあったというのは驚きですよね。

一見「現状ではイクオスサプリEXがNo.1」という錯覚に陥ってしまいますが、ノコギリヤシエキスについてはボストンがもっとも優れた育毛サプリです。

ぜひ今回の情報をあなたの育毛サプリ選びの参考にしていただければと思います。

 

育毛サプリ【BOSTON】
公式サイトで確認してみる→

 

【関連記事】
>>ボストンの買い方|amazon、楽天…格安で購入する方法はある?

 


参考サイト

 

 

【ハゲ・薄毛は治療できる。】おすすめのAGA・薄毛治療専門クリニック3選

 

男性のハゲ・薄毛の原因の9割以上をしめる「AGA」から回復するには、AGA・薄毛治療専門クリニックに行ってみるのがいちばんの近道です。

僕は10院以上ものAGA・薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリングにいってみた結果、

  • どんなクリニックであれば安心して治療が受けられるか
  • 無料カウンセリングではどんなところを見て判断すればいいか

というポイントやコツみたいなものがわかってきました。

ヤマザキさん
ヤマザキさん
10院以上て!行きすぎでしょ!

ハゲ太
ハゲ太
たしかに・・^^;

各地のおすすめクリニックについてはこちらのまとめページからご覧いただけますが、ここではなかでもおすすめの3つのクリニックをご紹介してみます。

(クリニックがない地域の方は、3番目におすすめしている髪のクリニックseedの遠隔治療であれば、LINEを使って診療を受けることができます。)

ヘアメディカルグループ(治療実績190万件以上)
効果のでるスピードや副作用の出方に個人差が大きいAGA治療を安心してうけるためには、「これまで治療してきた症例件数の多さ」はもっとも重視したいポイントです。
ヘアメディカルグループは治療実績が190万件をこえており、「これなら自分の薄毛も安心して治療してもらえる」という確信度・安心感のたかさは他のクリニックにはないものです。
迷ったらここ!といえるクリニックですね。
無料カウンセリング
これまでのAGA治療症例数 190万件以上
プロペシア処方(治療例) 6,500円(税抜)
クリニックの数 4院(東京・大阪・名古屋・福岡)

詳細記事無料カウンセリング申し込み

 
 
 
AGAスキンクリニック(全国に50院)
知名度は日本でも有数のAGA治療専門クリニック。
AGA治療可能なクリニックは「美容外科」「メンズクリニック」などが多いですが、AGAスキンクリニックは「AGA治療のみに特化したクリニック」なのでその分治療内容への安心感も高いです。
日本全国に展開しているため、地方在住の方にとっては強い味方です。
またプライバシーへの配慮が徹底されていて、他の患者と顔を合わさずに診察を受けられるのはAGAスキンクリニックならではの特長です。
無料カウンセリング
学割 10%オフ
プロペシア処方(治療例) 7,000円(初回のみ4,200円・税抜)
クリニックの数 全国51院(北海道から沖縄まで・提携院含む)

詳細記事無料カウンセリング申し込み

 
 
 
髪のクリニックSeed(LINEを使った遠隔診療で自宅で治療できる)
「通える範囲にAGA治療専門クリニックがない」
「クリニックに通う時間がもったいない」
「人に見られるのは恥ずかしい」
 
そんな人たちにとって、自宅からスマホで医師のカウンセリングや診療が受けられる「遠隔治療」はめっちゃありがたい存在だと思います。
 
髪のクリニックSeedはLINEを使った遠隔治療に力を入れているだけでなく、治療費用もかなり抑えめなので、コストを抑えたい方にもおすすめできます。
 
医師への無料相談 LINEチャットで医師への無料相談が可能
フィナステリド処方(治療例) 4,900円(税込)
オンライン診療時に使用するアプリ LINE
クリニックの数 1院(東京渋谷)・遠隔診療可能

LINEチャットによる医師への無料相談を試してみる