ノコギリヤシサプリが育毛に効果をもつための最低条件とは?

ノコギリヤシサプリ 条件

こんにちは!ハゲ太です。

僕が使っている育毛サプリ「BOSTON」にはいろいろな育毛成分が配合されていますが、なかでも主要な成分のひとつが「ノコギリヤシ」です。

ノコギリヤシとはヤシ科のハーブの一種で、古来より男性の強壮、利尿、鎮静効果のある民間薬として親しまれてきました。前立腺肥大症の予防や改善に利用され、また抜け毛や薄毛の予防効果にも注目されています。ドイツのコミッションE[※1]でも前立腺肥大の抑制や泌尿器系の改善に広く活用されています。

出典 わかさの秘密

『ノコギリヤシは前立腺肥大の改善にも利用され、また抜け毛や薄毛の予防効果にも注目されて』いるんですね。

今回はそんなノコギリヤシサプリの育毛効果と、効果を期待して飲むための最低条件についてご紹介してみます!

 

 

 

ノコギリヤシは育毛・薄毛改善に役立つ?

まずはノコギリヤシのはたらき方について確認してみましょう。

AGA(男性型脱毛症)による薄毛は、男性ホルモンである「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素によって「ジヒドロテストステロン」(DHT)という超強力な男性ホルモンに変換されてしまうことによって引き起こされます。

DHTの影響によって髪の成長期が短くなり、ヘアサイクルが短くなることで薄毛が進行するんですね。

ノコギリヤシには、このプロセスで決定的な役割を果たしている「5-αリダクターゼ」という酵素のはたらきを抑制する効果があるとされています。

スクリーンショット 2015-10-24 22.46.07

この「5αリダクターゼの働きを抑える」という作用は、僕も飲んでいる医薬品フィンペシアの主成分「フィナステリド」と同じ作用になります。

 

 

危険な?フィナステリド

フィナステリドはこのブログでも何度も記事にしているとおり(マジで怖い!|フィナステリド副作用についてのカナダの報道記事etc)、かなりヤバイ副作用の危険性が指摘されており、カナダでは訴訟沙汰になっているケースもあります。

そのため抜け毛予防・育毛に効果があるといわれても、使用に踏み切れないという抜け毛男子は多いと思いますが、「ノコギリヤシに同じような作用があるのであればノコギリヤシでいいじゃん!」という話になりますよね。

 

ノコギリヤシはフィナステリドの代用になるのか?参考になる研究論文があった!

実際ノコギリヤシのサプリを宣伝しているサイトなどを見てみると、「フィナステリドは危険だからこのサプリを使いましょう!」みたいな宣伝がされていたりします。

ただ、作用メカニズムが同じだとしても「どの程度効果が期待できるのか?」についてもまったく同じとは限りませんよね?

 ノコギリヤシはフィナステリドと同じような効果が見込めるのか?

 また、もし見込めるとすればどれくらいの量のノコギリヤシを摂取すればいいのか?

 

この疑問の答えがわからなければ、フィナステリドの代用としてノコギリヤシにかける気にはなれません。

 

そんなことを思っていたら、なんと「フィナステリドとノコギリヤシの効果を比較した研究論文」というものがありました。

Comparitive effectiveness of finasteride vs Serenoa repens in male androgenetic alopecia: a two-year study.

スクリーンショット 2015-11-03 3.29.42

これは非常にありがたい研究です。こういう研究であれば「実際に育毛にハゲんでいる人達」は直接メリットを感じることができますよね。こういった直接ユーザーの利益になるような研究がもっと増えていくことを願います。

 

フィナステリドとノコギリヤシの効果を比較した研究論文

こちらの研究論文の概要はこちらの記事(→ノコギリヤシとフィナステリドの効果を比較した研究論文の内容)に載せておきますが、ここでざっとその内容を見てみたいと思います。

 

 中程度の男性型脱毛症(AGA)患者の男性100名を2つのグループに分ける

 ひとつのグループは毎日320mgのノコギリヤシ(抽出オイル)を2年間摂取

 もうひとつのグループは毎日1mgのフィナステリドを2年間摂取

 

その結果・・

 ノコギリヤシを摂ったグループの38%に薄毛改善が見られた

 フィナステリドを摂ったグループの68%に薄毛改善が見られた

 ノコギリヤシによる改善効果は頭頂部のみだったのに対し、フィナステリドの効果は頭頂部と前頭部に及んだ

 

2年間にもわたって研究してくれたんですね。本当にありがたいです。

この結果を見てどう感じられましたか?

 

僕は意外とノコギリヤシも使えるんだな、と感じました。

やはりフィナステリドほどの効果は期待できないとはいえ、「ノコギリヤシの摂取だけで薄毛が改善した人が38%いる」というのはけっこう大きな成果だと思います。

なんといってもフィナステリドほどの危険な副作用の心配はありませんからね。

 

ちなみに同じ「5αリダクターゼ」に働きかける両者ですが、その作用メカニズムが微妙に異なるらしい(フィナステリドは生え際と頭頂部に効果があったのにたいし、ノコギリヤシは頭頂部のみに効果があった)ということも新しい発見でした。

 

ノコギリヤシは1日320mgの摂取が目安?

ノコギリヤシサプリ BOSTON

この研究結果によると、「実際に効果があったノコギリヤシエキスの摂取量は1日320mgだった」という事実があるわけですが、実はサプリに使われているノコギリヤシエキスには異なる種類があることはあまり知られていません。

 

 

ノコギリヤシエキスの効果は「液体(オイル)状のもの」と「粉末加工されたもの」によって違う

ノコギリヤシサプリは海外製品を中心に数多く販売されていますが、サプリに使われるノコギリヤシエキスのかたちには

  • 液体(オイル)状のもの
  • 粉末加工されたもの

という2種類があります。

そしてこの2種類では、実はそのなかに含まれる『有効成分』(脂肪酸と植物エステル)の量が大きく異なるんですね。

ひとことに「ノコギリヤシエキス」といっても、【粉末】か【オイル】かで実態が大きく異るわけです。

 

オイルタイプは粉末タイプの5倍の有効成分

下の表は、市販のノコギリヤシサプリに有効成分(脂肪酸と植物ステロール)がどれくらい含まれているかを調べた研究(『Fatty Acid and Phytosterol Content of Commercial Saw Palmetto Supplements』)の結果です。

 

 脂肪酸植物ステロール
粉末タイプ
(5商品の平均)
179.6mg
(含有率18%)
0.42mg
(含有率0.04%)
液体(オイル)タイプ
(7商品の平均)
908.5mg
(含有率90.0%)
2.04mg
(含有率0.2%)
コメントオイルのほうが約5倍!オイルのほうが約5倍!

 

ご覧のように

「粉末タイプにくらべ、オイルタイプのほうが約5倍有効成分が含まれている」

という結果になっているんですね。

 

「320mgで効果があった」のはオイルタイプ

そしてさきほどご紹介した「2年間毎日320mgのノコギリヤシ摂取で効果があった」のは「オイルタイプ」のノコギリヤシエキスでした。

つまり、ノコギリヤシのサプリを選ぶ際は「オイルタイプで320mg」がひとつの目安になるということです。

 

参考:ノコギリヤシエキスが「粉末」か「オイル」かの見分け方

ノコギリヤシエキスが「粉末」か「オイル」かについては、タブレットのタイプから見分けることができます。

このように、「オイルタイプ」はソフトカプセル、「粉末タイプ」は打錠またはハードカプセルのタブレットになっています。

 

 

ちなみに・・サプリ業界の話によると「粉末なら700-800mg必要」

「ノコギリヤシエキスは粉末とオイルで大きく違う」ということの現れとして、サプリ業界の人によると、


ノコギリヤシエキス粉末なら、1日の目安は700-800mg

という話があるようです。

この点については、ノコギリヤシサプリの効果について研究した医学博士のレイ・サへリアン医師も、

ノコギリヤシ製品を有効にするためには、85~95%の脂肪酸を含む320mg(オイルタイプ)、または45%脂肪酸を含む640mg(粉末タイプ)が必要です。

このレベルの脂肪酸を持たない製品の中には効果がないものもあります。

(出典:New Saw Palmetto Review for Prostate Limited

このように語っており、「粉末なら700-800mg必要」という話はたしかに信ぴょう性があるといえそうです。

 

「オイルタイプで320mg」がノコギリヤシサプリの目安

というわけで「オイルタイプで320mg/日摂取できる」というのがノコギリヤシサプリのひとつのめやすになります。

では実際のノコギリヤシサプリや、ノコギリヤシを主成分とする育毛サプリはどうなっているのでしょうか?

 

ノコギリヤシ単体サプリの例

前立腺肥大や頻尿対策として利用されることが多い「ノコギリヤシ単体」のサプリだと、たとえば大塚製薬のこちらのサプリ。

 


大塚製薬 ネイチャーズリソース ノコギリヤシ 60粒
参考価格:1,490円(税込)

 

こちらは1日分2粒で「ノコギリヤシオイル(脂肪酸85%含有)320mg」を摂取することができます。

まさにぴったりの量ですね。

 

育毛サプリのノコギリヤシエキス含有量は?

僕たちになじみの深い、育毛サプリではどうでしょうか?

 ノコギリヤシエキス量ノコギリヤシエキスのタイプ
ボストン(BOSTON)300mgオイル
イクオスサプリEX300mg粉末
GUNGUN200mg粉末
フェルサ100mg粉末
チャップアップサプリ非公表粉末
ブブカサプリ 135mg粉末

 

このように、育毛サプリに配合されているノコギリヤシエキスは、なぜかほとんどが「粉末タイプ」なんですよね・・

唯一「ボストン」だけが「オイルタイプで300mg」と、ほぼ目安どおりの配合量になっています。

最近発売された「イクオスサプリEX」は「ボストン以上!」と話題になっていましたが、主成分のノコギリヤシエキスが「粉末」のため、やはりボストンにはかなわないな、と評価しています。

 

ボストンはノコギリヤシ以外にも「亜鉛」「イソフラボン」「コラーゲンペプチド」「L-リジン」といった育毛に役立つ成分が計20種類、総合的に配合されています。

ノコギリヤシ単体サプリよりコストはかかりますが、「育毛のために飲む」のであれば育毛サプリであるボストンがいちばんかな、と感じます。

 

 育毛サプリ【BOSTON】公式サイトで確認してみる→