本当に恐い?ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用について

ミノタブ 副作用

AGAによる薄毛対策として飲んでいる人が多い「ミノキシジルタブレット」については

「本来育毛用に飲むものじゃない」
「小動物の心臓が破裂した」
「動悸がでる」

といった感じで、さまざまな副作用の危険性が叫ばれています。

今回僕は「副作用があってもミノタブを飲む」と決めたので、自分の決断を再確認するために、ミノタブの副作用といわれていることについてまとめてみたいと思います。

 

ちまたで言われているミノタブの副作用の危険性

 

ちまたで言われているミノタブ服用による副作用には、以下のようなものがあります。

1.血圧が下がって低血圧になる

ミノタブはもともと血圧降下剤として開発されたので、むしろこれがメインの作用です。

一般的には血圧が低いのは高いよりは良く、

「長生きするのは低血圧の人のほうが多い」

という統計もあるようですが、あまりに血圧が低くなりすぎてしまうと血液が全身にめぐりにくくなり、肩こりや動悸、冷えなどの症状につながる場合があります。

また食習慣などの影響で血液がドロドロした状態になった場合は、血流が弱い分、脳梗塞や心筋梗塞の可能性が高まるということも指摘されています。

 

2.体毛が濃くなる

queer-381217_640

ミノタブは血圧を下げる薬として開発されましたが、ミノタブを飲んだ高血圧の患者さんの多くが、全身の毛が濃くなったそうです。

実はそこから「ミノタブが薄毛に効くんじゃないか?」ということでミノキシジルによる薄毛治療についての臨床研究が始まったんですね。

ミノタブの発毛力はハンパないといわれていますが、同時に全身の毛も濃くなるのは避けられないようです。

女性が飲んでも多毛症になってしまうらしいので、特に女性の場合は使用にあたって専門の医師に相談することをおすすめします。

 

3.動悸

AGA治療ブログで有名な若ハゲ番長さんも「動悸が出たので一旦ミノタブやめた」ということを書かれていました。

「季節の変わり目に飲むと動悸が出やすい」とのこと。

ただ、若ハゲ番長さんのところへコメントされている人たちの声も総合すると、動悸が出る人は全体の1割もいない程度だろうとのことでした。

低血圧になると動悸が出やすくなるので、おそらくミノタブの血圧を下げる効果が動悸につながっているんでしょうね。

 

 

 

自分の体と相談しながら服用しよう

ミノタブの代表的な副作用といわれているものを3つあげてみましたが、他にも「むくみ」や「めまい」など「本当に飲んでも大丈夫?」と思えるような様々な副作用について語られていたりします。

このような危険性が指摘されているわけですが、個人的にはこの危険性を受け入れつつ、ミノタブを服用することに決めました。

おそらく自分の体の状態を観察しながら、自分の体と相談しながら、服用する量なども調整していくことになると思います。が、人間いつかは死ぬものだし(笑)副作用についてはそんなに怖くはないと感じています。

それよりも、普段あまり薬を飲まないのもあって「薬なんかで本当に髪の毛が生えたり体に変化が起きるの?」という方にすごく興味があり、わくわくしてます。

まあ人体実験みたいなものですね。

あまりマネはしないでください^^;

ミノキシジル外用という手もあり

どうしても副作用が怖いという方は、内服するミノタブではなく外用だけにとどめるという方法もあります。

日本でいうとリアップx5(ミノキシジル5%配合)、あと海外の有名どころでは「ポラリス」「カークランド」などがあります。

普通の育毛剤と同じように頭皮につけるので全身への影響は出にくいですし、頭皮のバリアもあるので内服に比べるとかなりマイルドな作用になると思われます。

今回僕はいきなり内服するという選択をしましたが、まずは外用薬を試してみるというのも理性的な選択だと思います。

 

「育毛剤」も捨てたものではない

また、チャップアップのような「医薬部外品」「化粧品」に分類される育毛剤についても、チャップアップをやめてから半年ほどで急激にハゲが進んでしまった経験からすると、一定の効果はあると思います。

まだそれほどハゲきっていない方であればチャップアップなどでも充分維持が期待できると思うので、副作用が心配な方は使用されてみるといいと思います。

 

 


>>「副作用のある医薬品(ミノ・フィナ)を使わずにハゲを治したい!」という方のための育毛法