ミノタブ(ミノキシジルタブレット)とフィンペシアの効果をあらためて確認してみる

今回僕が髪の毛を復活させるたの最強セットとして採用した

「ミノキシジルタブレット」「フィンペシア」

については、かなり危険な副作用があるとも指摘されています。

こんにちは!ハゲ太です。 僕はAGA治療を始めるにあたり、個人輸入したミノタブ(ミノキシジルタブレット)とフィンペシア(フィナステリド)という...
≫プロペシアの副作用についてのアメリカの記事|こんなにヤバそうだけど大丈夫!?こちらの記事でフィンペシアの主成分フィナステリドの副作用について書...

それについてはそれぞれ単独で記事を書いたので、ここでは逆にどういった効果が期待できるのか?について見てみたいと思います。

 

ミノキシジルに期待されるはたらき

ミノキシジルはもともと高血圧の患者さんの血圧を下げるための「血管を広げる薬」として開発されました。

ところが薬を飲んだ患者さんの体毛が濃くなる現象が見られたことから

「もしかしてこれ、薄毛治療に効くんじゃないの?」

ということで薄毛治療についての臨床研究が始まったんですね。

 

そして研究の結果「内服すると副作用の危険がある!」ということで、「外用薬」として市場に登場することになりました。

アメリカで販売されている「Rogain」というのが初めて商品かされたミノキシジル成分配合の発毛剤になります。

日本では「リアップ」がミノキシジルを配合した育毛剤として有名ですよね。

 

発毛させるメカニズムの詳細はいまだ不明

肝心のミノキシジルが発毛を促進させるメカニズムについてですが、

「おそらく毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化することによるのだろう」

と考えられていますが、正確なことはまだわかっていません。

 

高血圧の人用の降圧剤なので「血管を拡張する作用」があるので、『血管が広がる→血流がよくなる→毛根に栄養分が届く』というメカニズムも想像できそうですが、他の血管拡張剤には育毛作用はないことから、何か別の作用機序が働いているのは間違いないと考えられています。

最近だと、世界最大の化粧品会社ロレアルの研究者が「ミノキシジルは『PGHS−1(プロスタグランジンH合成酵素-1)』という発毛を促す酵素に働きかけているのではないか?」という仮説を発表していますが、まだ証明はできていないようです。

 

ミノタブを発毛のために認可している国は無い!

さきほど「内服は副作用の危険があるため外用薬として市場に登場」とありましたが、この状況はとくに変わっていません。

つまり「ミノタブを薄毛治療のために飲む」ということはどこの国も認可していないんですね。

AGA治療の病院で処方されるときはどういう扱いになっているのかは分かりませんが、僕らが個人輸入で購入しているミノタブはあくまでも「降圧剤」として販売されているものになります。

それを勝手に毛生え薬として飲んでいるわけなので、すべては自己責任ということになります。

ミノタブを飲むことを検討されている方は、そのことを忘れないようにしましょう。

 

フィナステリド(フィンペシア)の作用

「プロペシア」、そしてプロペシアのジェネリック品である「フィンペシア」に含まれている有効成分が「フィナステリド」という成分です。

この成分の作用機序は、ミノキシジルと違ってよくわかっているようです。

 

フィナステリドはどのように働くのか?

男性型脱毛症は以下のようなカタチで進行するといわれています。

①男性ホルモンであるテストステロンが、「2型5-αリダクターゼ」という酵素の作用を受ける

②酵素の作用を受けたテストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化する

③変化したDHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛を進行させる

フィナステリドはこの「2型5−αリダクターゼ」に作用し、その働きを抑制することでDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制します。

それによって男性型脱毛症の進行を止める効果があるわけですね。

 

フィナステリドはどちらかというと「進行を止める」働き

実際、フィナステリドに関しては「毛を生やす」というよりは「脱毛の進行を止める」という効果のほうが広く認められているようです。

少なくとも進行をくい止められたという意味では、フィナステリドは、98%の人に3年間効果があった。

髪が増えてくる人も多く、国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と髪が増える人が経時的に増えていった。

また髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することも分かっている。頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点も、従来の育毛剤とは異なる。

(wikipedia より引用)

 

ミノキシジル+フィナステリドの組み合わせが最強?

以上、主な作用をざっくりと確認してみると、ミノキシジルは毛を生やす作用、フィナステリド(フィンペシア)は脱毛の進行を止める作用があるといえそうです。

フィナステリド:ディフェンス
ミノキシジル:オフェンス

というイメージですね。

日本のAGA治療専門の病院でも、この組み合わせが最も効果が期待できる組み合わせだといわれているそうです。

今回この最強コンビに加えて「ボストン」「チャップアップ」「ZINC」という組み合わせで発毛に取り組もうと思っています。

随時経過をご報告していこうと思いますので、よろしくお願いします。