医薬品で毛が生える

AGA治療やめたらハゲる?ミノキシジル、フィナステリド(プロペシア)は一生飲み続けるの?

こんにちは!ハゲ太です。

AGA・薄毛治療の王道といえば

  • ミノキシジルタブレット(ミノタブ)
  • プロペシア(有効成分フィナステリド)

この2つの薬による内服治療です。

僕自身もミノタブ+フィンペシア(プロペシアの非正規ジェネリック品)をメインに、約3〜4ヶ月でハゲから復活することができました。

(参考記事:ハゲを治したい!僕がAGAによる薄毛を克服した方法のすべて

 

この2つの薬によって髪の毛が回復した例はよくみかけますが、よくある疑問として

ミノキシジルやフィナステリドの服用で増えた髪の毛は、薬をやめるとすべて抜け落ちてしまうの?

髪の毛を維持しようと思ったら、これらの薬を一生のみ続ける必要があるの?

というものがあります。

一般的には「薬をやめると、薬で生えた分はすべて抜け落ちる」といわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

いくつかのAGAクリニックでこの疑問をぶつけたところ、いろいろな答えをいただけたのでご紹介してみたいと思います。

 

「フィナステリド(プロペシア)は一生続ける必要がある」というのがAGA治療の常識?

ほとんどのAGA専門クリニックの見解は

AGAの進行をとめるため、フィナステリド(プロペシア)は一生続ける必要があります。

というものでした。

AGAクリニックでの基本となる治療は「フィナステリド内服」「ミノキシジル内服or外用」ですが、その役割を簡単に区別すると

 フィナステリドは抜け毛を防ぐ(AGAの進行を止める)役割

 ミノキシジルは髪の毛を積極的に増やす役割

となります。

 

クリニックでよくいわれたのは次のような内容でした。

髪が充分に生えてきたら、ミノキシジルはやめても大丈夫です。

ただ、AGA(男性型脱毛症)に関しては「そういう体質」だということなので、髪の毛を維持するためにフィナステリドはずっと飲み続けなければいけません。

AGAはほっておくと進行してしまう「進行性」の症状なので、

「進行をストップさせるための薬=フィナステリド(プロペシア)」

は飲み続けないと、またハゲてしまうということなんですね。

 

薄毛治療方法の違いにかかわらず、「プロペシアは継続」というケースが多い

実際、ミノタブ・プロペシアの投薬治療に限らず、

  • 成長因子などを注入するメソセラピー
  • ハーグ療法
  • 自毛植毛

といった他の治療法でも、髪を増やした後は「プロペシア(フィナステリド)だけは継続する」というケースが多いです。

AGAになってしまった以上、フィナステリド(プロペシア)とのつきあいは基本的には「一生もの」と考える必要があるようですね。

 僕が知る限りでは、こちらの記事(>>HARG(ハーグ)療法は効果なしって本当?口コミを調べてみた)でご紹介した「あるハーグ治療クリニック」で、「投薬治療なし・ハーグ治療のみで髪の毛を復活・維持させている」というケースがありました。

 

ミノタブはやめても大丈夫?やめ時や止め方は?

逆に「生えてしまえばミノキシジルタブレットはやめても大丈夫」というのが多くのクリニックの見解でした。

僕自身のこれまでの治療プロセスを振り返ってみても、

  1. 【フィナステリド】 + 【ミノタブ】でいっきに復活
  2. 安定してからはミノタブは休止

という大まかな流れで髪の毛は維持できています。(他の育毛法も併用しながらですが・・)

 

ミノタブについては飲みはじめに出やすい副作用(動悸やめまいなど)の問題の他に、

  • 長期使用のリスク
  • 耐性がある可能性

もあるようなので、個人的にも「(やめるのが不安だから)飲み続ける」のはあまりよくないと思っています。

 

ミノタブのやめ時・やめ方

では「いつ」「どのように」ミノタブの服用をやめていけばいいのでしょうか?

いちばんいいのはAGA治療専門クリニックで医師のアドバイスをききながら服用量を調整して減らしていくことです。

ミノタブの「効果の出方」や「副作用の出方」には個人差があるので、なかなか自分で判断するのは難しいからです。

ちなみに僕は当初クリニックを利用せず個人輸入で薬を入手していたので、不安を感じつつ服用量を自分で調整していました・・

 

クリニック選びはめっちゃ大事

ただしこの点においては「クリニック選び」がとてもたいせつです。

なかには「6ヶ月コース」「12ヶ月コース」などの契約方式で、細かな服用量の調節など期待できないAGA治療専門クリニックもあったりしますので・・

銀座総合美容クリニック」や「ヘアメディカルグループ」のような、ユーザーの髪の状態にきめ細かく対応してくれるクリニックを選ぶ必要があります。

 

病院の皮膚科もNG?

また大きな病院の皮膚科や皮膚科専門クリニックでは、

  • 医師がAGAについての専門知識をもっていない
  • そもそも医師の責任が関係するミノタブの処方はしてくれない
  • 治療内容は「プロペシアの処方のみ」

といったことが非常に多いので注意してください。

 

僕がミノタブをやめたときのやめ方

ちなみに僕がミノタブをやめていったプロセスは「AGA治療体験記」のなかで順をおってご覧いただくことができます。

僕の場合はまず、治療開始300日をすぎたあたりで「減薬」にトライしました。

>>AGA治療体験記337日目:ミノタブ・フィナステリドをやめたら元どおりハゲるの?

↑このあたりからミノタブは「3日に1回(2.5mg)」程度まで頻度を減らしています。

その後半年ほどこの頻度で服用を続けてから、「完全にミノタブ休止」してみました。

>>AGA治療体験記533日目|ミノタブやめてみた

 

そのときどきの髪の毛の画像も載せているので、よかったら参考にしてみてくださいね!

 

 

「AGA治療は一生続けるものではない」唯一異なった銀座総合美容クリニック(銀クリAGA)の見解

「AGA治療はプロペシア服用というかたちで一生続ける必要がある」

というのがほとんどのAGAクリニックの見解だったわけですが・・・

そんな中で唯一異なる見解をしめされたのが「銀座総合美容クリニック」(銀クリAGA)でした。

 

「できれば薬はやめていく」という考え方

銀座総合美容クリニックの考えは

「薬はからだに負担をかけるもの。なので一生飲み続けるのはよくない」

というもので、次のようにおっしゃっていました。

ご自信で満足できるレベルに達したら、徐々にお薬の量を減らしながらやめていただきます。

先にミノキシジルを減らしながらやめていただいて、フィナステリドによる維持だけに切り替えていただく。そしてフィナステリドのほうも徐々に減らしていって、最終的にはどちらもやめていただきます。

このように「最終的には薬は両方ともやめるのがベスト」という見解を示されたのは、僕がまわったなかでは銀クリさんだけでした。

>>銀クリAGA.com 公式サイト

「患者さん目線のクリニック運営」

銀座総合美容クリニックは

「常に患者さん目線のクリニック運営」

というのを経営理念として掲げられています。

こういう「患者のことを第一に考える」という姿勢があるからこそ、「やみくもに薬の継続をすすめない」という判断につながってるのかもしれません。

東京の1店舗しかないにも関わらず全国からお客さんが集まっているのもうなずけます。

  

薬をやめてもいいけど、だからといって毛が抜けないわけではない

ただし、この銀クリさんの見解も「身体のことを考えるとやめたほうがいいから」という理由によるものなので、フィナステリドをやめても毛が維持されるというものではありませんでした。

AGAというのは体質なので、薬で抑えることはできても根本的に治せるわけではありません。

ですので長いスパンで見ればまた少しずつ変化していく(薄くなっていく)可能性があります。

なのでまた気になるようになれば、お薬をまた再開していただいて改善していただく、そして改善ができればまた離れていただく。

このように薬と「つかず離れずの関係」を、ご自身のお考え・価値観にもとづいて決めていってください。

ということで、究極的にはやはり「一生レベル」でつきあっていかないといけないもののようです。

薬をやめても維持できる可能性もゼロではない?

でも、銀クリさんのいうように「薬は身体に負担をかけるもの」なので、やめられるものならやめたいですよね。

従来は「脱毛をとめるのはフィナステリドしかない」というのが半ば常識でしたが、個人的には科学的なエビデンスをひっさげて登場した『キャピキシル』という育毛成分に期待をかけています。

 

「ミノキシジルの3倍の効果」で話題になったキャピキシル育毛剤

VITAL5

キャピキシル育毛剤のひとつ「バイタルウェーブ  スカルプローション」

 

キャピキシルにはフィナステリド同様の働きがある?

キャピキシルの成分のひとつ「ビオカニンA」には、フィナステリド同様の「抜け毛を引き起こすDHT生成の原因である『5-αリダクターゼ』を抑制するはたらき」が認められています。

キャピキシル ビオカニンAのはたらき

出典:Capixyl

 

 

実際の例をあげると、あの『若ハゲ番長さん』が薬を使って髪を増やした後「キャピキシル育毛剤」と、後述する「ヘアマックス」を使いながら薬なしで髪の毛を維持されています。

その様子を見ても、キャピキシルには薬なしでAGAを克服して維持できる可能性があるのではないかと見ています。

 

プロペシア・ミノキシジルに匹敵するAGA治療効果が認められている「ヘアマックス」

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる)に「AGA治療効果はプロペシア・ミノキシジルによる治療に匹敵する」と認可されている医療用低出力レーザー治療器「ヘアマックス」というものがあります。

lasesuu

「ヘアマックス」は副作用の心配がまったくないうえ、ミノキシジル・フィナステリドによる治療と同等レベルの効果があるとFDAに認められているということで、こちらにも大きな期待ができます。

 

▼ヘアマックスの作用メカニズムなど詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
AGAに効果あり?低出力レーザー「ヘアマックス」で薄毛治療は可能かこんにちは!ハゲ太です。 今、「低出力レーザーで発毛させる」という医療機器「ヘアマックス」について調べています。 このところ一...

 

▼実際に購入して使用中です^^

hairmaxnakami2
あわせて読みたい
低出力レーザー育毛ヘアマックスの効果は?実際に試してみた結果【1年使用後の追記あり】こんにちは!ハゲ太です。 ここ何回か低出力レーザー治療器「ヘアマックス(Hair Max)」についての記事をお届けしてきました。 h...

 

 

まとめ

ということで今回は「AGA治療=ミノ・フィナの服用をやめても髪の毛を維持できるのか?」という疑問について見てきました。

「フィナステリド」(プロペシアの成分)とのつきあいは一生モノ

というのが大方の見かたですが、

個人的には最後にあげたキャピキシルとヘアマックスを使うことでフィナステリドなしでも髪の毛を維持できる可能性はあるのでは?と思っています。

「薬なしでもAGAを克服できる」

これが本当だとしたら最高ですよね。

僕もいつかは完全に薬なしの生活にトライしてみたいと思います。

 

それでは今回も最後までありがとうございました(^^)/

 

 

 

 

ハゲ太おすすめのAGA・薄毛治療専門クリニック3選

トップページでくわしく書いていますが、男性のハゲ・薄毛の原因の9割以上をしめる「AGA」から回復するには、AGA・薄毛治療専門クリニックに行ってみるのがいちばんの近道です。

僕は10院以上ものAGA・薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリングにいってみた結果、

  • どんなクリニックであれば安心して治療が受けられるか
  • 無料カウンセリングではどんなところを見て判断すればいいか

 

というポイントやコツみたいなものがわかってきました。

各地のおすすめクリニックについてはこちらのまとめページからご覧いただけますが、ここではなかでもおすすめの3つのクリニックをご紹介してみます。

(クリニックがない地域の方は、3番目におすすめしているAGAヘアクリニックの遠隔治療がおすすめです)

ヘアメディカルグループ(治療実績190万件以上)
効果のでるスピードや副作用の出方に個人差が大きいAGA治療を安心してうけるために、いちばん重視したいのが「これまで治療してきた症例件数」です。
ヘアメディカルグループは治療実績が190万件をこえており、「これなら自分の薄毛も安心して治療してもらえる」という確信度の高さは他のクリニックにはないものです。
無料カウンセリング
これまでのAGA治療症例数 190万件以上
プロペシア処方(治療例) 6,500円(税抜)
クリニックの数 4院(東京・大阪・名古屋・福岡)

詳細記事公式サイト

AGAスキンクリニック(全国に50院)
知名度は日本でも有数のAGA治療専門クリニック。
AGA治療可能なクリニックは「美容外科」「メンズクリニック」などが多いですが、AGAスキンクリニックは「AGA治療のみに特化したクリニック」なのでその分治療内容への安心感も高いです。
日本全国に展開しているため、地方在住の方にとっては強い味方です。
無料カウンセリング
学割 10%オフ
プロペシア処方(治療例) 7,000円(初回のみ4,200円・税抜)
クリニックの数 全国50院(北海道から沖縄まで)

詳細記事公式サイト

AGAヘアクリニック(遠隔診療で自宅で治療できる)
「通える範囲にAGA治療専門クリニックがない」
「クリニックに通える時間がない」
「人に見られるのは恥ずかしい」
そんな人たちにとって、自宅からスマホで医師のカウンセリングや診療が受けられる「遠隔治療」はめっちゃありがたい存在だと思います。
AGAヘアクリニックは遠隔治療に力を入れているだけでなく、治療費用もかなり抑えめなので、コストを抑えたい方にもおすすめできます。
無料カウンセリング
初診料・診断料・医療相談料 すべて無料
フィナステリド処方(治療例) 5,500円(税込)
クリニックの数 1院(東京秋葉原)・遠隔診療可能

公式サイト