【最新】ハゲ太が現在使用中の育毛セット|このアイテムを選択した理由

ハゲ太が現在使用中の育毛アイテム

現在僕が使っている育毛アイテムは以下のとおりです。

育毛剤

 バイタルウェーブスカルプローション

VITAL9

 

育毛のためのサプリメント

ボストン(BOSTON)

 

低出力レーザー治療器

 ヘアマックス「プロフェッショナル12」

hairmaxnakami2

 

 

医薬品(※減薬中)

 ミノキシジルタブレット(※減薬中。週に1〜2回2.5mg程度)

 フィナステリド【湘南美容外科クリニックのオリジナル薬】(※減薬中。週に1〜2回1mg程度)

 

ではそれぞれのアイテムを選んだ理由をご紹介してみます。

 

それぞれのアイテムを選んだ理由

1.育毛剤「バイタルウェーブ スカルプローション」を選んだ理由

VITAL2

「ミノキシジルの3倍の効果」と話題になった育毛成分「キャピキシル」を5%配合した育毛剤です。

 

「キャピキシル」「リデンシル」どちらも配合されている2つの育毛剤

僕は今手に入る育毛剤のなかでは「キャピキシル5%配合のキャピキシル育毛剤」がもっとも効果があると思っていますが、そのなかでも

「ミノキシジルの2倍の効果」

の臨床データが公開されている「リデンシル」も同時に配合されている育毛剤が2つあります。

 

 Deeper 3D(リデンシル5%)

deeper3

 

 

 バイタルウェーブスカルプローション(リデンシル1.5%未満)

VITAL5

この2つの育毛剤です。

 

 

 

コストも含めた総合評価で「バイタルウェーブスカルプローション」を選択

vitalala

リデンシルの濃度、そして「キャピキシル」「リデンシル」以外の成分の充実度からいってもDeeper3Dがもっとも効果が期待できる育毛剤だと評価しているのですが、「コスト」の関係もあって「バイタルウェーブスカルプローション」を選んでいます。

というのは「バイタルウェーブスカルプローション」はキャピキシル育毛剤のなかでは後発の新しい製品だけあって、コスト面で他のキャピキシル育毛剤よりリーズナブルな価格設定になっているんですよね。

「いつでもやめられる定期便」(毎月1本お届け)の価格が税込8,200というのは最安ですし、継続していくとさらに税込7,980円まで下がっていきます。

ちなみに「Deeper 3D」の場合・・同じ定期便で1本14,100円。
1本あたりの価格がもっとも安くなるのが「6本まとめ買い」ですが、これでも1本あたり10,395円になります。

 

他にも「バイタルウェーブスカルプローション」を選んだいくつかポイントはありますが、詳しくはこちらの記事(バイタルウェーブスカルプローションってどう?最安値のキャピキシル育毛剤について詳しく調べてみた)なども参考にしていただければと思います。

 

また、キャピキシル育毛剤全体での比較についてはこちらのページ(キャピキシル育毛剤比較とおすすめランキング|失敗しない選び方)をご覧ください。

 

 

 

【追記】2017年1月現在、思い切ってDeeper3Dを購入して使用を試しに始めてみました。出費はちょっと痛かったですが・・笑

成分的にはもっとも評価できる育毛剤なので、今後どうなるか期待して見守ってみようと思います。

(参考:AGA治療体験記488日目|Deeper 3Dを始めてみた

 

 

 

 

2.育毛のためのサプリメント「ボストン」を選んだ理由

育毛サプリといえば「ボストン」

僕は育毛活動をはじめてからずっと「育毛サプリ『ボストン』」を飲んできました。

「ボストン」はフィナステリドと同様の作用をしめす「ノコギリヤシ」がメインの育毛サプリですが、ノコギリヤシの他にも

イソフラボン(抗酸化・女性ホルモン様作用で頭皮環境改善・抜け毛予防)
 コラーゲンペプチド(頭皮の細胞を包み込み細胞の働きを左右する、細胞間基質の状態をよくする)
 L−リジン(ミノキシジル・フィナステリドの効果をブーストする作用)
 亜鉛(不足すると抜け毛の原因に) 

などなど、「育毛のための成分」だけを20種類配合した「育毛に特化したサプリメント」です。

ノコギリヤシが育毛に効果が期待できる摂取量(2年にわたる臨床研究で一定の効果がでた摂取量)【オイル状のエキスで320mg/1日】に近い含有量「オイルで300mg/1日」ということもあり、【育毛のためのサプリメント】としては「ボストン」がベストだと考えています。

育毛サプリ「ボストン」公式サイトへ

 

 

 

 

3.低出力レーザー治療器「ヘアマックス プロフェッショナル12」を選んだ理由

hairmaxao

低出力レーザー治療器の「ヘアマックス」はアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)によって「プロペシアなどとならんで薄毛治療効果が認可されている」医療用治療機器です。(安全性のみ認可されているわけではありません)

こんにちは!ハゲ太です。 低出力レーザーの力で毛母細胞を活性化させて発毛を促すという医療機器「ヘアーマックス」。 このヘアマックスは、アメリ...

ヘアマックスは「毎月のランニングコスト」はかからないものの、1台29,800円〜98,800円と購入時のコストはそれなりにかかります。

それにも関わらず購入にふみきったのは「ゆくゆくは医薬品をやめていきたい」という思いがあり、ヘアマックスがフィナステリド・ミノキシジルのかわりになり得るという情報を手にしたからでした。

ヘアマックスの効果についてはしっかりとした臨床データも公開されており、FDAによって「プロペシア・ミノキシジルによる治療効果に匹敵する」という評価も受けています。

日本でももっとポピュラーになってもいいのにな・・と思っています。

 

ヘアマックスは全5機種

ヘアマックスは全部で5機種ありますが、レーザー光の輻射部の数は

「7個:1回の使用時間15分」
「12個:1回の使用時間8分」
「82個:1回の使用時間90秒」

の3種類となっています。

もっとも安い「アドバンス7」が29,800円(税込)、もっとも高い「レーザーバンド82」が98,800円ですが、僕は1回の使用時間とコストのバランスのよい「プロフェッショナル12」(59,800円税込)を選びました。

 

使用してみた感覚は想像以上に「効いている感がある」ものでしたし、実際ミノフィナの服用頻度をかなり減らしながら髪の毛も維持できているので、これからも期待をもって使っていこうと思っています。

 

 

現在ヘアマックス公式販売サイトでは「8%オフ」のキャンペーン中のようです。

【クーポンコード:hmx2016】を入力すると8%オフで購入できます。

キャンペーンが終わっていたらごめんなさい!><

 

 

4.医薬品(ミノタブ・フィナステリド)を選んだ理由

runesansu

やはり医薬品ということで効果のでるスピードがもっともはやいのがこの組み合わせだと思います。

副作用に目をつむり「髪の毛を生やす効果」だけを考えるのであれば選ばない理由がありません。

 

ミノタブは個人輸入

ミノタブはAGA治療を開始した当初に個人輸入で5mgを200錠購入していたのですが、副作用がきつかったのですぐに「1回2.5mg」(1錠を半分に割って服用」に変更しました。

その後さらに使用頻度も減らしているので、まだかなりの量が余っています^^

 

フィナステリドは個人輸入→AGAクリニック処方薬へ

フィナステリドは当初インド製の非公認ジェネリック医薬品である「フィンペシア」を個人輸入で使用していました。

が、3ヶ月目をすぎたあたりから「下半身の感覚が薄くなったような違和感」を感じはじめ、AGAクリニックで処方してもらったフィナステリド薬に乗り換えました。

幸い乗り換えた後は違和感は消えたので良かったですが、クリニックできいた話によると「同じフィナステリド薬でもフィンペシアは副作用の出方が違うこともあるようです」とのことでした。

 

 

現在は「薬なしで髪の毛を維持する」フェーズに移行中

ハゲが発覚して本格的にAGA治療を始めて以降、大きな効果があがったのにはこれら「医薬品の力」(フィナステリド・ミノキシジルの内服)は間違いなくあったと思っています。

ただ現在では、副作用と体への影響を考えてこの薬をやめる方向で減薬に取り組んでいます。

今現在はミノタブ・フィナステリドともに「週に1〜2回」まで減らしてきています。

 

まとめ

ということで理想としては、最後にあげた「医薬品」(ミノタブ・フィナステリド)を除いたアイテム、

この3つのアイテムで髪の毛を成長・維持させていくかたちにもっていきたいと思っています。

ちなみにこの3つですと、毎月のランニングコストは

「8,200円(バイタルウェーブ)」+「5,213円(ボストン)」+「0円(ヘアマックス)」=13,413円(税込)

となります。

「コストをとるか、効果をとるか」といった問題もあると思いますが、よかったら参考にしていただければと思います。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)