育毛サプリの研究・実践レポ

ノコギリヤシミレットサプリ「フェルサ」に効果は期待できる?成分をくわしく検証してみた

公式サイトでは「ノコギリヤシミレットサプリ」といううたい文句で販売されている「フェルサ」。

「ノコギリヤシ」と「ミレットエキス」をメイン成分にした育毛用サプリですね。

どちらも育毛サプリの成分としてはポピュラーな成分ですが、フェルサの育毛サプリとしての総合評価はどんなものになるのでしょうか?

今回はフェルサの成分について、他の育毛サプリとも比較しながらくわしく検証してみました。

 

フェルサの開発には「AGA治療クリニック」「医学博士」が関わっている?

まずフェルサの公式サイトを見てみると、「AGA治療クリニック生まれのスカルプケア」とうたわれていて、

医学博士に『発毛した毛髪を経済的負担が少なく維持できることは出来ないか?』『早期にAGAの進行を抑えるために頭皮環境を改善することで、正しいヘアサイクルへ導き、抜け毛を防ぐことはできないか?』
というような考え方の商品を開発して欲しい・・・と依頼をし、クリニックのドクターの助言もいただき完成したのが「fuerza」。

(出典:フェルサオンラインショップ)

このような紹介がされています。

この文章には「クリニックのドクターに『商品を開発してほしいと依頼』」とあるので、一瞬「ドクターが開発したの??」とびっくりしました。

が、文章は「ドクターの助言もいただき完成」と続いてますね^^;

どっちやねん、と思いますが、おそらく「クリニックのドクターが開発に関わってるんだよ」という権威性をアピールしたいためにどっちつかずの文章になってしまったのだと思います。

本当であれば具体的なAGA治療クリニックの名前やドクターの名前も出したほうが宣伝効果は高いと思うのですが、それをしていないのには何か理由があるのでしょうか?

このあたりの事情はちょっとよくわかりません。

ただ「ノコギリヤシ」と「ミレットエキス」を主成分に育毛サプリをつくるのは理にかなっています。

まずはこの2つの成分にどんな育毛効果が期待できるのか確認してみましょう。

 

 

フェルサのメイン成分「ノコギリヤシ」の育毛効果は?

https://www.worldfizz.com/hair-supplemen/sawpalmetto/

ノコギリヤシエキスの育毛効果についてはこちらの記事で詳しくまとめてあります。

その働きを簡単にまとめると、

  • AGA(男性型脱毛症)の原因になる酵素【5αリダクターゼ】を抑制
  • AGA治療薬フィナステリドに似たはたらき

という内容で、実際にフィナステリドの育毛効果と比較した臨床研究もあります。

(参考記事:ノコギリヤシとプロペシア(フィナステリド)のAGA育毛効果を比較した研究論文の内容

研究の結果はフィナステリドには及びませんでしたが、「2年間の摂取により、AGA患者の38%に薄毛改善効果がみられた」ということなので、一定の効果が期待できる成分です。

 

ノコギリヤシエキスの摂取方法。目安は「液体(オイル)で320mg」「粉末で700-800mg」

この臨床研究で結果のでたノコギリヤシエキスの摂取方法は「液体(オイル)で320mg/1日」でした。

実はノコギリヤシエキスの摂取方法としては「液体(オイル)」と「粉末」があります。

そして粉末の場合はオイルから加工するプロセスで有効成分が失われるため、約半分の効果になってしまうといわれてるんですね。

  • 液体(オイル)で320mg
  • 粉末で700-800mg

ノコギリヤシエキスに効果を期待するための摂取量目安はこのようになります。

 

液体と粉末の見分け方

ノコギリヤシエキスが粉末か液体かについては、サプリメントの形状が「打錠またはハードカプセル:粉末」「ソフトカプセル:液体(オイル)」という見分け方ができます。

フェルサはどうかというと、右図の「打錠」タイプなんですね。

つまり「粉末タイプのノコギリヤシエキス」を使用していることになります。

 

フェルサのノコギリヤシエキスは不十分?

さらにフェルサのノコギリヤシエキス成分量は「100mg/1日」となっています。

1日700-800mg必要な「粉末タイプのノコギリヤシエキス」が100mg。

このデータから見ると、フェルサのノコギリヤシエキス含有量はちょっと物足りないかな・・という評価になってしまいますね。

後ほどくわしくお伝えしますが、他の育毛サプリ「ボストン」(オイルで300mg)や「イクオス」(粉末で300mg)のほうがおすすめできることになります。

 

 

フェルサのメイン成分「ミレットエキス」の育毛効果は?

ミレットエキスの育毛効果についての詳細はこちらの記事でご紹介しています。

https://worldfizz.com/hair-supplement/millet-extract/

「飲む育毛剤」として古くからヨーロッパで親しまれてきたミレットエキスには、

  • 「シスチン」「メチオニン」など、髪の材料になるアミノ酸
  • コラーゲン生成に必要な「ケイ素」などのミネラル分
  • 血行を促進する「ローズマリー酸」

これらの育毛に役立つ成分が豊富に含まれています。

 

ミレットエキスの摂取量目安は?

このミレットエキスを主成分にした育毛サプリがドイツの有名な製薬会社「バイエル社」から販売されています。

 

「プリオリン」

 

 

こちらに配合されているミレットエキスは140mg/日。

『priorin』はミレットエキスが主成分なので、「140mg」という数字がひとつの目安になると思います。

 

フェルサのミレットエキス含有量

フェルサのミレットエキス含有量は?というと「100mg」。

『priorin』にはおよびませんが、そこそこの含有量といえるのではないでしょうか?

が、さきほどのノコギリヤシエキス含有量の比較でもでてきた育毛サプリ「イクオス」には、さらに多い「150mg」のミレットエキスが配合されています・・!

ミレットエキスについてもフェルサよりはイクオスのほうがいい、という評価になりますね。

 

 

フェルサに含まれるその他の育毛成分

フェルサに含まれる他の育毛成分としては、

  • 亜鉛(3mg)
  • メチオニン(含有量不明)

などがあります。

亜鉛はコラーゲンや髪の材料「ケラチン」の合成に必要なミネラルで、日本人は1日2-3mgほど不足しているといわれています。(平均的な食生活の場合)

不足分を補うためにはほどよい量の亜鉛が配合されていますね。

 

メチオニンについてはミレットエキスにも含まれる髪の毛の材料になるアミノ酸です。

体内で生成できない「必須アミノ酸」なので、量は不明ながら配合されているにこしたことはありません。

 

ノコギリヤシ・ミレットエキスをメインとした他のサプリと内容・価格を比較

では最後にフェルサと同じく「ノコギリヤシ」「ミレットエキス」を主成分としている他の育毛サプリと比較してみましょう。

  ボストン(BOSTON) イクオスサプリEX フェルサ
ノコギリヤシエキス 300mg(オイル) 300mg(粉末) 100mg(粉末)
ミレットエキス 5mg 150mg 100mg
亜鉛 4mg 12mg 3mg
定価 6,980円 6,980円 6,200円
1本定期便 5,780円 4,380円 5,537円

AGA対策成分としてもっとも期待のできる「ノコギリヤシ」については「オイルで300mg」の「ボストン」がもっとも優れています。

(ノコギリヤシエキスが「粉末」の場合、有効成分の量は「オイル」の約半分ほどになってしまうため)

また「ミレットエキス」についてはイクオスサプリEXがいちばん充実していますね。

価格面でも買いやすい1本定期便が4,380円のイクオスサプリEXに軍配があがります。

 

まとめ

ということでフェルサの育毛サプリとしての評価は、

「フェルサを買うならボストン(ノコギリヤシ重視)またはイクオスサプリEX(ミレットエキス・価格重視)のほうが良い」

という結論になりました。残念ですが・・・

 

フェルサの購入を検討されていた方は参考にしてみてくださいね。

>>フェルサ 公式サイトで確認してみる