AGA治療体験記

AGA治療1年8ヶ月(599日)目の経過写真|ザ・スカルプ5.0Cの低刺激性が心地よい

こんにちは!ハゲ太です。

ほぼ2ヶ月ぶりになりますが、現在の頭の状況をご報告したいと思います。

ミノタブをやめてもうすぐ3ヶ月になりますが、その影響はあったのでしょうか?

 

ミノタブをやめてもうすぐ3ヶ月の髪の状態

今回はスマホで撮ったので縦長になってしまいました^^;

▼今回、AGA治療開始599日目の状態

比較画像ですが、前回ちょっと写真がよくなかったので、前々回111日前と比較してみます。

▼AGA治療開始488日目の状態

ミノタブをやめた影響は今のところでていないといってもよさそうです。

  • ミノタブには耐性があるので、飲み続けると効果が薄れる
  • 期間をあけて飲むようにすればまた効果がでる

こんな話をAGAクリニックの医師の方にきいたので、またいつかハゲが進行したときの切り札にするためにも、「いったんミノタブをやめてみる」というのは有効な戦略だと思います。

 

前回から復活させたザ・スカルプ5.0Cの使い心地がいい

前回、約2ヶ月使用したDeeper3Dの後釜をどうするか?と悩んだ結果「ザ・スカルプ5.0C」を復活させることにしたとお伝えしました。

以前フィンジアとの合わせ技?で効果を実感したことがあったので、育毛剤としての実力は信頼しているキャピキシル育毛剤です。

キャピキシル育毛剤のなかでも刺激性が低いという特徴がありますが、やっぱり使い心地はいいです!

 

ザ・スカルプ5.0Cにした理由

成分や価格も含めた総合的な面では「バイタルウェーブスカルプローション」や「フィンジア」というキャピキシル育毛剤も評価していますが、今回はザ・スカルプ5.0Cを選びました。

その理由は、今回「頭皮への刺激の少なさ」を最優先してみたかったからです。

実は最近頭皮へのアルコール類(エタノールなど)の刺激について調べていて、そのなかで「エタノールはいい面もあるけど、もしかしたらマイナス面もあるのかも・・」と思い始めたんです。

 

キャピキシル育毛剤のなかでもっとも刺激が少ないのがザ・スカルプ5.0C

キャピキシル育毛剤はいくつもありますが、そのなかでもっともアルコール類が少なく、頭皮への刺激が少ないのがザ・スカルプ5.0Cです。

一例として、バイタルウェーブスカルプローションとザ・スカルプ5.0Cのアルコール類を比較してみましょう。

バイタルウェーブスカルプローションの全成分

バイタルウェーブスカルプローションは「化粧品」扱いなので、成分表記は

  • 全成分を表示
  • 配合量が多い順に表示

となっています。

なので配合成分でいちばん多いのが「水」、続いて「エタノール」「BG」ですね。

「エタノール」も「BG」もアルコールの一種で、成分を溶かし込んだり、頭皮の皮脂を取り除いて育毛成分が浸透しやすくする役目があります。

ザ・スカルプ5.0Cの全成分

そしてザ・スカルプ5.0Cの全成分表(成分量が多い順に表記)がこちら。

「水」「BG」の順番となっていて、その次の「アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス」は2つセットでキャピキシルのことですね。

ザ・スカルプ5.0Cにはエタノールが使われていません。

BGはエタノールより低刺激

BGはエタノールと同じくアルコールの一種ですが、エタノールよりも低刺激でお肌にやさしい成分です。

今回ザ・スカルプ5.0Cを復活させてみたのはこの低刺激性をもう一度確認してみたいと思ったからでした。

その結果、、、

バイタルウェーブウェーブスカルプローションも刺激は強くないほうですが、「エタノールなし」「BGのみ」のザ・スカルプ5.0Cの低刺激性はやはりずば抜けてます。

エタノールのマイナス面を気にせず「キャピキシルの育毛効果」だけを期待できるので、使用するうえでの安心感は非常に大きいと感じています^^

ただその分、「キャピキシル以外の成分はそんなに強くない」というのがザ・スカルプ5.0Cの特徴です。

成分的に最強なのは「Deeper 3D」、つづくのが「バイタルウェーブスカルプローション」や「フィンジア」あたりだと評価しています。

最低4ヶ月はザ・スカルプ5.0Cを継続してみます

ザ・スカルプ5.0Cは初回4,980円の定期便の回数縛りが「2回」です。(2回目以降は税込10,000円)

容量が80mlと他のキャピキシル育毛剤より多く(他は50ml〜60ml)、余裕で2ヶ月もつので、最低4ヶ月はザ・スカルプ5.0Cを使うことになると思います。

 定期便は「1ヶ月に1回」「2ヶ月に1回」が選べるので、「2ヶ月に1回」にしています。

初回分【税込4,980円】だと月2,490円、2回目以降の【税込10.000円】だとしても月5,000円で済むので、「容量80ml」のザ・スカルプ5.0Cは実はコスパに優れたキャピキシル育毛剤といえます。

AGA治療599日目現在の育毛アイテム

では、今現在使っているアイテムをまとめておきます。

【育毛剤】THE SCALP (ザ・スカルプ)5.0C

【育毛用サプリ】ボストン【BOSTON】

【低出力レーザー治療】ヘアマックス(2日に1回、約8分)

【飲み薬】

・ミノタブ:1日2.5mg(5mg錠を半分に割ってます→休止中

・フィナステリド(フィンペシア):1日1mg →減らし中。だいたい2日に1回(1mg/回)くらい

 

フィナステリドもやめられればやめたいのですが・・・

かなり頻度を減らしたときにちょっと薄毛が進行する感じがしたので、現在は2日に1回ほどのペースで服用を続けています。

また勇気がでたときに(笑)減らしてみたいと思います。

 

あと、フィナステリドは湘南美容クリニックのオリジナル錠からふたたび「フィンペシア」にもどしています。

前回は「下半身の違和感」があって別のフィナステリドに変えたですが、フィナステリドを飲み続けて最近は問題なく感じているので、もういちどフィンペシア試してみようと思います。

 

それでは今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

 

 

 

 

ハゲ太おすすめのAGA・薄毛治療専門クリニック3選

トップページでくわしく書いていますが、男性のハゲ・薄毛の原因の9割以上をしめる「AGA」から回復するには、AGA・薄毛治療専門クリニックに行ってみるのがいちばんの近道です。

僕は10院以上ものAGA・薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリングにいってみた結果、

  • どんなクリニックであれば安心して治療が受けられるか
  • 無料カウンセリングではどんなところを見て判断すればいいか

 

というポイントやコツみたいなものがわかってきました。

各地のおすすめクリニックについてはこちらのまとめページからご覧いただけますが、ここではなかでもおすすめの3つのクリニックをご紹介してみます。

(クリニックがない地域の方は、3番目におすすめしているAGAヘアクリニックの遠隔治療がおすすめです)

ヘアメディカルグループ(治療実績190万件以上)
効果のでるスピードや副作用の出方に個人差が大きいAGA治療を安心してうけるために、いちばん重視したいのが「これまで治療してきた症例件数」です。
ヘアメディカルグループは治療実績が190万件をこえており、「これなら自分の薄毛も安心して治療してもらえる」という確信度の高さは他のクリニックにはないものです。
無料カウンセリング
これまでのAGA治療症例数 190万件以上
プロペシア処方(治療例) 6,500円(税抜)
クリニックの数 4院(東京・大阪・名古屋・福岡)

詳細記事公式サイト

AGAスキンクリニック(全国に50院)
知名度は日本でも有数のAGA治療専門クリニック。
AGA治療可能なクリニックは「美容外科」「メンズクリニック」などが多いですが、AGAスキンクリニックは「AGA治療のみに特化したクリニック」なのでその分治療内容への安心感も高いです。
日本全国に展開しているため、地方在住の方にとっては強い味方です。
無料カウンセリング
学割 10%オフ
プロペシア処方(治療例) 7,000円(初回のみ4,200円・税抜)
クリニックの数 全国50院(北海道から沖縄まで)

詳細記事公式サイト

AGAヘアクリニック(遠隔診療で自宅で治療できる)
「通える範囲にAGA治療専門クリニックがない」
「クリニックに通える時間がない」
「人に見られるのは恥ずかしい」
そんな人たちにとって、自宅からスマホで医師のカウンセリングや診療が受けられる「遠隔治療」はめっちゃありがたい存在だと思います。
AGAヘアクリニックは遠隔治療に力を入れているだけでなく、治療費用もかなり抑えめなので、コストを抑えたい方にもおすすめできます。
無料カウンセリング
初診料・診断料・医療相談料 すべて無料
フィナステリド処方(治療例) 5,500円(税込)
クリニックの数 1院(東京秋葉原)・遠隔診療可能

公式サイト