AGA治療体験記375日目:さらに減薬中、ミノフィナを減らした結果&1年を振り返って

こんにちは!ハゲ太です。

AGA治療開始375日目の頭の画像をご紹介します。

とうとう本格的なAGA治療を始めてから1年が経過しました・・

 

ミノタブとフィナステリド減薬の影響は? 前回との比較

さっそく前回(AGA治療開始337日目)の画像と比較してみましょう。

day337
前回337日目

day375
今回375日目

 

 

前回、「フィナステリド:2日に1回1mg」「ミノタブ:3日1回2.5mg」に減薬中ということをお伝えしました。

 

現在さらに減らしていて、「フィナステリド」「ミノタブ」ともに「週に1回〜2回ていど」の服用ペースとなっています。

「薬で生えた髪は薬をやめるとすべて抜ける」という恐ろしい説も出回っていますが、今のところ影響は最小限で推移しているようです。

 

ヘアマックスとキャピキシルの効果もあり?

プロペシア同様にFDA(アメリカ食品医薬品局)に薄毛治療効果が認められている「ヘアマックス」の効果は実感としてもありますし、キャピキシルの育毛剤「バイタルウェーブスカルプローション」も働いてくれていると思います。

とくに前頭部は今年の2月ごろ(ヘアマックスとキャピキシルを使用する前)に比べてかなりシゲッてきました^^

この調子で「完全に薬なしで」維持できるようにしていきたいです。

 

あれから1年が経ちました。

ところで、AGA治療0日目の記事を書いたのはほぼ1年前の2015年9月28日でしたが、「ハゲを自覚し」「AGA治療を始めた」のはその約1週間前、9月22日のことです。

そのときからついに1年が経過しました。

AGA治療0日目
▲AGA治療開始時


▲現在375日目

 

最初は半分ヤケになって始めたのを覚えています。

この日を境に、それまで興味はあったものの「副作用」が怖くて手を出さなかった「フィナステリド」「ミノキシジルタブレット」に手を出したんですよね。

「もうどうなってもいい・・」

という気持ちもゼロではありませんでした。

 

ミノタブもフィンペシアも副作用を経験してきて

実際、「ミノタブ」「フィンペシア(フィナステリド)」の副作用はどちらも経験しました。

途中でフィンペシアの個人輸入をやめてAGAクリニックで処方薬に変更すると、副作用の出方が変わったということも経験してきました。

 

いろいろありましたが今振り返ってみると、「治療を始めて本当によかった!!」という思いしかありません。

 

治療を始めるなら早いほうがいい

「薬の治療」を始めるのは確かに勇気が必要だと思いますが、

 最初の数ヶ月だけAGAクリニックで診てもらいながら服用を始める

ということもできますし、

「ミノタブ」「フィナステリド」といった医薬品なしでも

 「プロペシア・ミノキシジルに匹敵する」とFDA(アメリカ食品医薬品局)に評価されている『ヘアマックス』

 

 ミノキシジルの「3倍:キャピキシル」「2倍:リデンシル」といった高い効果が期待できる育毛成分が入った育毛剤

といった薬を使わない方法もあり、「AGA治療を始めやすい環境」は非常に整っています。

 

AGA治療クリニックで話を伺った際も「少しでも若ければ若いほど回復のスピードも速い」ということだったので、僕のようにギリギリまで見ないふりをするよりは、早めに治療を始めたほうがいいと思います。

 

 

 

AGA治療375日目現在の育毛アイテム

ではAGA治療375日目現在の育毛アイテムをまとめておきましょう。

【育毛剤】 バイタルウェーブ スカルプローション

【育毛用サプリ】小林製薬ノコギリヤシEX

【低出力レーザー治療】ヘアマックス

【飲み薬】

・ミノタブ:1日2.5mg(5mg錠を半分に割ってます)→減らし中。だいたい週1〜2回(2.5mg/回)くらい

・フィナステリド(湘南美容外科クリニックオリジナル):1日1mg →減らし中。だいたい週1〜2回(1mg/回)くらい

 

メニュー的には前回と変わらず、医薬品(ミノタブ・フィナステリド)の服用頻度だけさらに減らしたかんじですね。

 

これからは「ヘアマックス」と「キャピキシル(リデンシル)育毛剤」を両軸にしてどこまで髪の毛を維持していけるか?に挑戦を続けていきたいと思います。

 

それでは今回も最後までありがとうございました(^^)

 

 

効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。


>>効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。

 

 

【注目記事】