1ヶ月でミノタブ・フィンペシアの初期脱毛や副作用はあったのか?【AGA治療体験記28日目】

AGA治療28日目

こんにちは!ハゲ太です。

AGA治療を初めてほほ1ヶ月がたちました。

副作用の覚悟をもって薬を飲み始めたこの1ヶ月でどんな変化があったのか?

今回は中間報告をしたいと思います。

 

ミノタブやフィンペシアによる初期脱毛はあった?

ミノキシジルやフィンペシア(フィナステリド)を使ったAGA治療は、効果が感じられるまで3ヶ月程度はみる必要があるといわれています。

そして、治療をはじめた初期には「初期脱毛」という恐ろしい現象があることも知られていますよね。

初期脱毛。

この現象の話を聞いた時、僕は「なんて理不尽な!」って憤りました(笑)

「ただでさえ薄いのに、さらに奪っていくのか!?」

と。

この初期脱毛の可能性があるというのも、今までAGA治療に踏み込めなかった理由のひとつでした。

しかし今回は、もうこれ以上悪くなりようがないという判断のもとにAGA治療を始めたので、初期脱毛があったとしても受け入れる覚悟で臨んでいます。

 

初期脱毛は怖がる必要はない?

とはいえ、初期脱毛はそこまで恐れる必要もない、というのが定説ではあります。

なぜなら、初期脱毛で抜ける髪の毛は

「AGAの影響で弱くやせ細って成長しきれない髪の毛」

であって、これから丈夫な毛に生え変わるために抜けているだけだからです。

 

つまり「初期脱毛の辛い時期を乗り越えれば、明るい未来が待っている」というわけですね。

 

このような理論上の話はわかっているとはいえ、やっぱり一時的にでも抜けるのはイヤですが・・苦笑

さて、AGA治療を初めて1ヶ月で初期脱毛はあったのでしょうか??

 

AGA治療開始1ヶ月後の頭の状況

ではAGA治療開始1ヶ月の変化を確認してみましょう。

 

▼1ヶ月前

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

▼現在

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがでしょう?

頭頂部はちょっと進行した感じがしています。

もしかすると初期脱毛があったのかもしれませんね。

(ちなみに髪を洗ったときに何本抜けたか?等はチェックしていません。逆にストレスで薄毛が進行しそうなので^^;)

 

でもよーく見てみると、前髪方面は濃くなってきている気がしませんか?

画像だと光の種類が違うので比べにくいかもしれませんが、正面から鏡を見たときには1ヶ月前よりマシになってきた印象を受けています。

 

というわけで初期脱毛に関しては、僕の場合それほど感じなかったというのが1ヶ月を終えての感想です。

 

 

ミノタブとフィンペシアの副作用について

ここまで1ヶ月ミノタブとフィンペシアを使ってきて、正直副作用は感じています。

詳しくはこちらの記事(使用1ヶ月の間に感じたミノタブとフィンペシア(フィナステリド)の副作用)に書いていますが、結論からいうと「副作用にびびって」摂取量を減らしました。

 

■ミノタブ:

当初5mg⇒半分に割って2.5mg⇒さらに半分に割って1.25mgにしたりしなかったり

■フィンペシア:

当初1mg⇒半分に割って0.5mgにしたり、2日に1錠にしたりしなかったり

となっています。

 

とくに「むくみ」「動悸」といったミノタブの副作用がでているようで、体に聞くと今のところこれくらいがちょうどいいのかな、と感じています。

副作用についてはAGA治療を検討される方は気になる点だと思うので、引き続き体の観察と摂取量の調整を続けていき、またご報告したいと思います。

 

とりあえず、始めてよかった・・

ガッツ

1ヶ月後の今、いちばんに思うのは、ハゲを自覚したあの日、

「よし、限りなくスキンヘッドに近い坊主にしよう・・」

とその足で近くの散髪屋さんか美容院に行こうとしたのですが、それを思いとどまってよかった!ということです。

 

というのは、少なくとも前からみた限りでは、あのときよりもマシになったんじゃね?と思えるようになったからです。

 

頭頂部がハゲていることに変わりはありませんが(むしろ進んでいるかもですが)、普段鏡をみるときにストレスを感じないのはなかなか良いです。

この調子で、フサフサの髪をとり戻していきたい!

そんな思いとともに、あらためて治療に取り組んでいきたいと思っています。