AGA治療体験記140日目:キャピキシル始めました!

AGA治療140日目

こんにちは!ハゲ太です。

前回のAGA治療体験記からほぼ1ヶ月がたちました。現状のご報告をしたいと思います。

 

フィナステリド空白期間の影響はあったのか?

前回、副作用(下半身の違和感)が怖くてフィンペシアをやめたことをお伝えしましたが、その後3週間ほどフィナステリドのブランクがありました。

この間はまったくフィナステリドは摂取しておらず、それにつられてミノタブ(2.5mg)も飲んだり飲まなかったりで、かなり頻度にばらつきが生じてしまいました。

その結果髪の状態がどうなったのか、前回112日目と比べてみると・・

 

【112日目】

AGA治療112日目

 

【140日目】

AGA治療140日目

どうでしょう・・

 

写真でみるとそれほど影響ないように見えます。

が、日々の感覚的なことでいうと、少し勢いが弱まってきたかな?という印象があります。髪を洗うときになど手に感じるボリューム感からすると、ですね。

 

新たなフィナステリド薬「ファイザー製薬のフィナステリド」はどう?

ファイザーのフィナステリド 効果

そして1週間ほど前から、新宿メンズサポートクリニックのAGA専門外来で処方してもらったプロペシアの認可済みジェネリック品「ファイザー製薬のフィナステリド」を飲み始めているのですが・・・

感覚的には以前ほどの違和感は感じられないかな、というかんじです。

 

AGAクリニックで伺ったように「AGAの薄毛治療のためにはフィナステリドで進行をとめる必要がある」のは間違いないので、しばらくファイザーのフィナステリドで様子をみていこうと思います。

 

 

 

フィナステリドの代替効果も期待できる?キャピキシル育毛剤をついに始めました

ザ スカルプ(the sculp) 5.0c キャピキシル 育毛剤

「フィンジア」ではなく「THE  SCALP  5.0C」でスタート

そして念願だったキャピキシル育毛剤もやっとスタートさせることができました。

第一希望だった「フィンジア」が売り切れですぐに手に入らなかったため(おすすめの市販育毛剤「フィンジア」が人気すぎて注文できなかった件)、そのかわりとして「THE  SCALP  5.0C」という別のキャピキシル育毛剤から始めることにしました。

>>THE  SCALP  5.0C

THE  SCULP 5.0C(ザ・スカルプ5.0C)はフィンジアと同じ「キャピキシル5%配合」の育毛剤です。

もともとフィンジアを第一希望にしていたのは、ミノキシジル誘導体と呼ばれている「ピディオキシジル」という、これも新しい育毛成分が2%配合されていたからですが、今回THE  SCALP 5.0C(ザ・スカルプ5.0C)を買ってみて、

 

THE SCALP 5.0C・・・実はこれでよかったのかも・・!!

と思える点がありました。

その理由はいくつかあるので、また別の記事でまとめてみようと思いますが、大きなポイントは「容量が多い」ということです。

 

「フィンジア」は1本わずか50ml、それにたいして「THE SCALP 5.0C」は80ml!

ザ・スカルプ5.0C フィンジアと比較

そう、キャピキシル濃度が同じ5%ということで容量はまったく気にしていなかったのですが、「THE  SCALP  5.0C」のほうが「フィンジア」より30mlも多く、実に1.6倍も多く入っていたんです!!

つまり、1本に含まれるキャピキシルの量も「THE  SCALP  5.0C」のほうが「フィンジア」より1.6倍多いということになります。

この事実に思い至ったとき、そもそもキャピキシルの育毛効果に惚れ込んでキャピキシル育毛剤を望み始めたことを思い出しました。(参考:キャピキシルとは何なのか?①|キャピキシルの概要

ピディオキシジルは「新しい育毛成分」というだけで、その詳しいエビデンスが充分に公表されているとはいえません。

であれば、そこにこだわってフィンジアを選ぶよりも、惚れ込んだキャピキシルをたっぷり頭皮に塗布することができる「THE  SCALP  5.0C」のほうが選択肢として上に来てもいいんじゃないかと思いました。

ということで「フィンジアの代わり」としてではなく、自信と誇りをもって「THE  SCALP  5.0C」を使っていきたいと思います。

 

「キャピキシル」にはフィナステリド的な効果も期待できる

キャピキシル育毛剤を使用するメリットのひとつに、フィナステリド的な効果が期待できるというものがあります。

キャピキシルを構成する成分のひとつである「ビオカニンA」という成分には、抜け毛を引き起こすDHTが生まれるきっかけとなる「5-αリダクターゼ」という酵素を抑制するはたらきが認められています。フィナステリドと同様の働きですね。

キャピキシルが5−αリダクターゼを抑制

出典:CAPIXYL(LUCAS MEYER COSMETICS 社資料)

この先フィナステリド薬を飲まなくなる可能性がある僕にとって、外用とはいえキャピキシルが救世主になってくれる可能性は充分にあると思います。

 

しかも「THE  SCALP  5.0C」はキャピキシル育毛剤としてはかなり安い

フィンジアを第一候補にしていたもうひとつの理由は、「1本の価格が10,000円を切っている(税込9,980円)」からでした。

他のキャピキシル育毛剤、たとえば「BOSTONスカルプエッセンス」などの場合、「3本定期便×3ヶ月縛り」などまとまった本数を注文しないと1本10,000円以下になりません。

「THE  SCALP  5.0C」は定期便の場合1本税込10,000円と、ほぼフィンジアと同じ値段で手に入れることができます。定期便とはいえ最低期間も「2ヶ月」なので、わりと気軽に10,000円で始められるのではないでしょうか?

※さらに期間限定で、なんと定期便の初回分がほぼ半額4,980円!!という破格のキャンペーンを行っています。

 

THE SCALP  5.0C  初回半額キャンペーンを確認してみる

 

これなら2ヶ月分合わせても14,980円、1本7,490円とめちゃめちゃお得にキャピキシル育毛剤を始められますね。

 

 

AGA治療140日目現在の育毛アイテム

では最後に、今現在使っているアイテムをまとめておきます。

【飲み薬】
・ミノタブ:1日2.5mg(5mg錠を半分に割ってます)
・フィナステリド(ファイザー):1日1mg 

【育毛剤】THE  SCULP  5.0 C(ザ・スカルプ5.0C)

【育毛サプリ】BOSTON(育毛サプリ):1日3粒

心情的に、フィナステリドをやめる可能性はけっこう高いと思います。これでこの先どうなるのか?引き続きじっくりと育毛に取り組んでいきたいと思います。

それでは今回も最後までありがとうございました(^^)

 

 

【THE SCULP 5.0Cが、なんと定期便の初回分がほぼ半額4,980円!!という破格のキャンペーン中】

THE SCULP  5.0C  初回半額キャンペーンを確認してみる

 

 

 

効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。


>>効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。

 

 

【注目記事】