AGA治療体験記

AGA治療体験記|ハゲ・薄毛をどんな流れで治療してきたのか?

こちらの『AGA治療体験記』のカテゴリーでは、

「僕がどんな状態から、どんな方法で育毛活動を始めたのか?」

「また、どんなプロセスを通って回復していったのか?」

その過程をリアルタイムでつづった内容を記録しています。

そのときどきの治療内容と治療経過について興味がある!という方は参考にしてみてください!

 

ハゲから回復するまでの過程をざっと振り返ってみると・・

僕がハゲを自覚してから、これまでの活動とそのときどきの状態を振り返ってみると、ざっと次の❶〜❸の段階にわけられます。

  1. 薬の力でいっきに回復(〜3ヶ月目)
  2. 副作用がこわくなってAGA専門クリニックへ(4ヶ月目以降)
  3. キャピキシル育毛剤・ヘアマックス等を活用し薬を減らしつつ髪の毛を維持する方向へ(10ヶ月目以降)

この段階に沿って、これまでの治療内容をざっと振り返ってみましょう。

❶薬の力でいっきに回復した期間(〜3ヶ月目)

個人輸入で安く手に入れた「フィンペシア(フィナステリド)」「ミノキシジルタブレット」を中心にした治療で、最初の約3ヶ月でいっきに回復しました。

 

▼治療開始0日目AGA治療体験記0日目:ハゲてのち。成果をブログに記録していきます。

↑この朝、光に照らされたスカスカの頭という現実をつきつけられました。

この前日までこの現実を見ないように、認めないようにしてたんですけど・・・苦笑

このときから治療を始めるのを決意しました。

治療のリスクや副作用についてなめてかかっていた僕は、クリニックに行かずに「海外医薬品の個人輸入」で治療をはじめたのでした。。。

 

 

▼こちらが治療開始当初使った「フィンペシア1mg+ノキシジル【ミノキシジルタブレット】5mg」各100錠セット (税込約6,000円)

各100錠セットなので、約6,000円で3ヶ月以上もつ計算になります。

安すぎですよね^^;

 

 

▼治療開始28日目『ミノタブ・フィンペシアの初期脱毛や副作用はあったのか?AGA治療1ヶ月(28日)目の経過写真』

AGA治療28日目

治療初期は、とにミノタブの副作用を強く感じていました。

のんきなように見えて実は不安を感じながらも、自力で服用量を調整し、なんとかこの時期をのりこえます。

 

▼治療開始55日目:『亜鉛サプリはやめてみよう|AGA治療2ヶ月(55日)目の経過写真

髪のあきらかな増加が感じられてきたのとともに、副作用もいったん落ち着きを見せてきた頃。

また育毛についての知識もどんどん増えている頃で、海外サイトの情報から「亜鉛のとりすぎは逆効果や・・!」ということがわかってきました。

 

▼治療開始90日目『ミノタブ・フィンペシアの効果はあったのか?|AGA治療3ヶ月(90日)目の経過写真』

3ヶ月でここまで回復しました!

よく「AGA治療は効果が感じられるまで3〜6ヶ月くらいかかる」といわれますが、まさにその3ヶ月目でここまでくることができて、かなりホッとしたのを覚えています。

と、同時に、ふたたび?ミノタブの副作用っぽい症状(めまいや立ちくらみ)を感じるようになっていて、飲むのを飛ばしたりもしています。

 

❷副作用がこわくなってAGA治療専門クリニックへ(4ヶ月目以降)

4ヶ月目以降はミノタブにくわえ、それまで感じていなかったフィナステリド(薬品名フィンペシア)の副作用を感じるようになりました。

「さすがにちょっとヤバイかも・・」

と感じ始めたのがこのころです。

すこしずつAGA治療専門クリニックの情報を集め始め、実際に行ってみることにしました。

 

 

▼治療開始112日目『ついに来たフィナステリドの副作用?フィンペシアやめました|AGA治療4ヶ月(112日)目の経過写真』

112日目。今ふりかえるとこのころが一番髪の毛の密度が濃かったと思います。

そしてついにフィンペシア(フィナステリド)の副作用らしき「下半身の無感覚さ」を感じるようになってしまい。。

さすがに恐ろしくなっていったんフィンペシアを中止します。

それと同時に、生まれて初めて「AGA治療専門クリニック」の門をたたいたのでした。

「行ってみてよかったな」と感じた内容については、下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
僕がフィンペシアの個人輸入をやめたわけ|AGA・薄毛治療クリニックのすすめこんにちは!ハゲ太です。 僕は「自分はハゲている」と受けれいた日から、個人輸入で入手した医薬品をメインに薄毛治療を始めました。 でも...

 

▼治療開始140日目『キャピキシル育毛剤始めました!AGA治療5ヶ月(140日)目の経過写真』

このころから念願だったキャピキシル配合育毛剤を使い始めています。

のちのち、「育毛剤による髪の変化を初めて感じる」ことになります。

 

▼治療開始201日目『ミノタブ・フィナステリドが効かなくなってきた?AGA治療7ヶ月(201日)目の経過写真』

「AGAが再び進行しはじめた・・!」

そんな恐れと不安にさいなまれていた頃。

相変わらずのペースでフィナステリドとミノタブは摂取していましたが、あきらかに治療を始めた当初の勢いはなくなってきました。

そしてこのころ、キャピキシル育毛剤を『ザ・スカルプ5.0C』→『フィンジア』に変更しています。

 

▼治療開始268日目『フィンジアの効果が出てきた!?AGA治療9ヶ月(268日)目の経過写真』

ここでまた頭頂部が埋まってきました!

キャピキシル育毛剤を始めて4ヶ月、フィンジアに変えてから2ヶ月ということで、

「キャピキシル育毛剤、とくにフィンジアの影響だったのでは??」

と思えた変化です。

 

こういう体験があったので、今現在育毛剤のなかでは「キャピキシル育毛剤」をいちばんに推してるんですよね。

各キャピキシル育毛剤の比較については下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
使ってみてわかった!キャピキシル育毛剤比較とおすすめランキング|失敗しない選び方こんにちは!ハゲ太です。 個人的に、これまでいちばん変化が実感できた育毛剤は「キャピキシル」を配合した育毛剤です。 https://...

 

 

そしてちょうどこのころ、アメリカのFDA(アメリカの厚労省的なところ)に「薄毛治療効果が認可されている医療機器」であるヘアマックスの使用も始めました。

ヘアマックスについては以下の記事でまとめています。

日本での知名度はまだまだですが、調べれば調べるほど期待できる医療機器ということがわかってきました。

あわせて読みたい
低出力レーザー「ヘアマックス」ってどんな機器?AGAやハゲに効果は期待できるの?こんにちは!ハゲ太です。 今、「低出力レーザーで発毛させる」という医療機器「ヘアマックス」について調べています。 このところ薬...
あわせて読みたい
低出力レーザー育毛ヘアマックスの効果は?実際に試してみた結果【1年使用後の追記あり】こんにちは!ハゲ太です。 ここ何回か低出力レーザー治療器「ヘアマックス」についての記事をお届けしてきました。 https://www...

 

 

❸以後、薬を減らしつつ髪の毛を維持することへ方向転換(10ヶ月目〜)

ここまで治療してきた流れをまとめると、

  1. フィナステリド・ミノタブの効果はすごかった
  2. でもその後最初の勢いはなくなってきた
  3. キャピキシル育毛剤が使ってみると意外とよかった
  4. アメリカFDAに認可されている「ヘアマックス」も投入

こんな感じですね。

というわけで、このころからは

「キャピキシル」「ヘアマックス」

といった「医薬品以外の対策」でどれだけ髪の毛を維持していけるか?というのがテーマになっていきました。

ちなみにキャピキシルもヘアマックスも、「人を対象にした臨床試験」の結果が公表されているという特徴があります。

「イメージ広告」が主流の他の育毛剤と違って、信頼できる理由があるアイテムなんですね。

 

▼治療開始375日目『ミノフィナを1年使ってきた結果&減薬の影響は?|AGA治療1年1ヶ月(375日)目の経過写真』

ミノタブもフィナステリドも「週1〜2回の服用」にまで減薬してみたころの状況です。

減薬した影響もあってか最盛期ほどではありませんが、そこそこ維持できています。

 

▼治療開始533日目『AGA治療1年6ヶ月(533日)目の経過写真|ミノタブやめてみた』

このあたりでついに「ミノタブ」をやめました。

ミノキシジルタブレットについてよくよく調べてみると「耐性がある可能性」もゼロではないようなので、

  • 生えたあとはやめる
  • もしまた薄毛が進行したら、そのときにブースターとして使う

というのがいいのかな、と感じています。

多くのAGAクリニックの見解もそのようですね。

あわせて読みたい
AGA治療やめたらハゲる?ミノキシジル・フィナステリドのやめ方とやめどきこんにちは!ハゲ太です。 AGA・薄毛治療の王道といえば ミノキシジルタブレット(発毛させる薬) フィナステリド(またはデ...

 

 

▼治療開始809日目『AGA治療2年3ヶ月(809日)目の経過写真|ボストンやめてみる』

治療開始して丸2年と3ヶ月がたってこの状況です。

結局フィナステリドは継続していますが、この時点で

  • フィナステリド(フィンペシアを再度復活)
  • キャピキシル育毛剤
  • ヘアマックス

この3つのアイテムで髪を維持していく流れになっています。

 

その後育毛剤の使い方を誤って頭皮がかぶれたりとかいろいろありましたが(汗)、順調に育毛活動を続けています。

 

まとめると・・

というわけで、これまでの僕のAGA治療体験記を振り返ると、おすすめの治療の流れは以下のようになります。

  1. まずはAGA専門クリニックにいって薄毛の原因がAGAかどうかを確認し「適切な投薬治療」を始める
  2. 髪の毛が生えそろったら、医師と相談しながらミノタブはやめていく
  3. フィナステリド系の薬で生えた毛を維持していく
  4. 投薬のペースが落ち着き、副作用の心配もなくなったら「海外医薬品の個人輸入」に移行、治療費を抑える
  5. 薬で不十分な部分は「キャピキシル育毛剤」「ヘアマックス」などエビデンスのしっかりした方法でカバーする

 

僕の場合は先に「個人輸入」で一人で勝手に治療を始めてしまったので、いらない不安にさいなまれてしまいました。

順番が逆でしたね^^;

この流れの全体については下の記事で詳しくまとめているので、もしよかったらこちらもご覧になってみてください。

あわせて読みたい
ハゲを治したい!AGA治療で薄毛を克服するまでの全流れと正しい方法の選び方ハゲると絶望的な気持ちになりますよね・・ この写真をとったとき、僕もまさにそういう気持ちでした。 ・・・この記事では、 ...

 

もし何か疑問などがあればお気軽に「お問い合わせフォーム」から質問してみてくださいね。