最新版キャピキシル育毛剤比較とおすすめランキング|失敗しない選び方

個人的には今いちばん効果が期待できる育毛剤は「キャピキシル育毛剤」だと考えています。

「ミノキシジルの3倍の育毛効果がある!」ということで科学的なエビデンスや臨床結果をひっさげて登場したキャピキシルは、育毛に大きな効果が期待できる成分としてすっかり定着してきた感がありますよね。

そしてキャピキシルを配合した育毛剤の数も徐々に増えてきています。

数が増えてきて製品ごとの競争が激しくなってきたのはユーザーにとってよろこばしいことではあるのですが、

「どこが違うの?」「何を基準に選べばいいの?」

といったことがわかりづらくなっているというデメリットも生じています。

そこで、ここでは僕が使ってみて「実際に結果がでた」キャピキシル育毛剤と、成分や価格面で比較してみたおすすめランキングをご紹介してみたいと思います。

「キャピキシル育毛剤、どれにしようかな・・」

と迷っている方には間違いなく参考になると思うので、ぜひみてみてください^^

 

※先に「おすすめ順ランキング」をチェックしたい方はこちら(ページ下部)へ→

 

なぜキャピキシル育毛剤がおすすめなのか?キャピキシルについてのおさらい

まず「なぜキャピキシル育毛剤がおすすめなのか?」という問いにこたえるため、キャピキシルについておさらいしておきましょう。

「キャピキシルがいいのはわかってる!」という方は飛ばしてくださいね^^

「詳細なエビデンス」「人を対象にした臨床結果」が公開されているキャピキシル

キャピキシルは「アカツメクサ(レッドクローバー)エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」という成分をあわせた複合成分です。

キャピキシルがこれまでの育毛成分と大きく違うのは、原料メーカーがおこなった詳細なエビデンスや人を対象にした臨床結果が公開されているという点です。

参考:キャピキシルとは何か?

 

「チャップアップ」などとは比較にならないレベルのエビデンス

育毛剤を検討している方であれば「チャップアップ」「ブブカ」などを使ったことがある人もいるかもしれません。(僕も以前はチャップアップを使っていました)

チャップアップなどは人気や広告がすごいので、思わず「効きそう」と思ってしまいますが、「エビデンスや臨床結果」の面から比べてみると、到底キャピキシルとは比較にならないレベルなんですよね。

エビデンスをくわしく比較してみた記事も書いているので、よかったら参考にしてみてください。→

とくに、

  • 僕たち「育毛剤ユーザー」にとっていちばん参考になる「人を対象にした臨床結果」がでていること
  • 各キャピキシル育毛剤には、臨床試験で結果が出たのと同じ「濃度5%のキャピキシル」が配合されていること

この2点が、キャピキシル育毛剤がおすすめできる大きな理由のひとつになっています。

 

僕が使っていちばん効果が「観察」できたキャピキシル育毛剤は「フィンジア」

ではここから各キャピキシル育毛剤の比較にはいっていきます。

まずいちばん最初にご紹介したいのが、僕自身が使ってみていちばん効果が「観察」できたキャピキシル育毛剤「フィンジア」です。

フィンジア3本定期

 

フィンジアを使ってから観察された毛量の変化

▲この写真は「医薬品(フィナステリドとミノタブ)中心の治療」でかなり回復した後、再び薄毛が進行しつつあったときの状態です。

ここからフィンジアを使用しはじめました。

▲そしてこの左の画像が「フィンジア使用開始から40日目」の状態。

右の画像がそのさらに約1ヶ月後の状態です。

左→右の変化をみると、気になっていた「頭頂部の薄さ」が明らかに改善されていますよね・・

 

フィンジアで「育毛剤で本当に髪の毛が増える」という経験がはじめてできました。

 ちなみにフィンジアの前は、

ポラリスNR-08(ミノキシジル育毛剤・約1ヶ月)
→ザ・スカルプ5.0C(キャピキシル育毛剤・約2ヶ月)

を使っていました。

「ザ・スカルプ5.0C」の効果も少なからずあった可能性はあります。

 

フィンジアだけの特徴「ピディオキシジル2%配合」

フィンジアの他にはない特徴というと、キャピキシルと同じく海外の成分メーカーが開発した新成分「ピディオキシジル」が2%配合されている点です。

>>ピディオキシジルの効果って?情報がないので海外サイトを調べてみた

ピディオキシジルもエビデンスは確認できていて、対人間ではなく対マウスではありますが

ミノキシジルと同等(かそれ以上)の発毛効果

が確認されている成分です。

▲ミノキシジルとピディオキシジルの比較実験。ミノキシジルと同等以上の発毛効果が確認されています。

 

ピディオキシジルを配合しているキャピキシル育毛剤は、「フィンジア」の他に「ボストンスカルプエッセンス」がありますが、配合濃度が

  • フィンジア:2%
  • ボストンスカルプエッセンス:1.5%

と、フィンジアのほうが高濃度で配合されています。

 

「キャピキシル+ピディオキシジル+浸透しやすさ」で効果があった?

フィンジアは成分以外にも「毛穴を開いて成分が浸透しやすくする」ために、唐辛子の成分である「カプサイシン」も配合されています。

僕の場合は、フィンジアの

キャピキシル+ピディオキシジル+(カプサイシンによる)浸透しやすさ

によって効果がでたのかな、と思います。

ということで実際の経験からすると、いちばんおすすめできるキャピキシル育毛剤が「フィンジア」ということになりますね。

 

>>『フィンジア』公式サイトで確認してみる

 

価格については「いつでもやめられる定期便」で1本(1ヶ月分)税込9,980円ですが、もう少し安く購入する方法もあります。

(3本定期便で1本あたり税込8,967円。僕はいつもこの方法で購入しています。→フィンジアを最安値で購入する方法はこれ!|楽天・Amazonは安いの?

 

ちょっと高いけど成分的にNo.1評価のキャピキシル育毛剤『Deeper 3D』

フィンジアの次にご紹介したいのが、ちょっと値段は高めですが「配合成分的には間違いなくNo.1」といえる「Deeper 3D」です。

こんにちは!ハゲ太です。 キャピキシル育毛剤としては古株の「Deeper 3D」が成分を一新した結果、「成分的にもっとも期待できる育毛剤」に生...

 

 

Deeper 3Dの「キャピキシル以外の成分」として何がすごいかというと、

  1. 人にたいする臨床試験で結果のでた新成分「リデンシル」5%配合
  2. 質と量で他を圧倒する「成長因子」(グロースファクター)

この2点があげられます。

 

ミノキシジルの2倍の効果?『リデンシル』の臨床結果

まずリデンシルですが、こちらもキャピキシルと同様、海外の成分メーカーが新しく開発した成分で、

  • 実験室レベルの試験でミノキシジルの約2倍の毛包活性効果がみられた
  • 人を対象にした臨床試験で、平均17%毛髪量が増加

というかなりよさげな試験結果がでている成分です。

Deeper3Dのリデンシル濃度「5%」は圧倒的

実はこの臨床試験で使用されたリデンシルの濃度は「3%」でした。そのため、「リデンシル3%配合」(のみ)をウリにした育毛剤も販売されてたりします。

Deeper3Dは、なんと「リデンシル5%配合」なんですね。

しかも基本に「キャピキシル5%」があってさらに「リデンシル5%」配合なので、成分的にはかなり強力になっています。

 

AGA治療専門クリニックでも活用されている「成長因子」(グロースファクター)

「成長因子」とは細胞の成長・増殖をうながす各種の物質のことで、髪の毛をつくるためにはたらく成長因子もいくつかあります。

AGA治療専門クリニックの「メソセラピー」という治療は、成長因子を直接頭皮に注入することで、髪の毛の成長を促すというもの。

その成長因子の「質と量」がもっとも充実しているキャピキシル育毛剤が「Deeper 3D」です。

 幹細胞に働きかける「オクタペプチド2」

 発毛効果が実証されている「馬プラセンタ」

 直接毛髪の増加につながるKGF(別名FGF-7、ヒトオリゴペプチド-5)

 毛包(毛の工場)の細胞分裂を増殖 IGF-1

この他にも成長因子配合されていて、その数なんと8種類もあります。

最近では他のキャピキシル育毛剤もいくつかの成長因子を配合することが増えてきましたが、Deeper3Dよりも質・量ともにすぐれているものはありません。

 

Deeper 3Dは価格の高さがちょっとネック・・

そんなDeeper3Dですが、配合成分が最強なだけに価格はちょっと高めです。

1本定期便で税込14,100円なので、フィンジアよりも4-5,000円ほど高くなります。僕はフィンジアでも効果がでたので、フィンジアメインで使うことにしました。

最も安く買うには「6本まとめ買い」という方法もありますが、これで1本あたり10,395円となっています。

 

とはいえ配合成分は非常に魅力的なので、

『多少値がはってもいいから、いちばん成分が充実している育毛剤を選びたい』

という方には、まずDeeper3Dをおすすめしたいですね。

 

>>『Deeper 3D』公式サイトで確認してみる

 

各キャピキシル育毛剤を「配合成分」「価格」で比較してみると・・

まずもっともおすすめなキャピキシル育毛剤「フィンジア」と「Deeper3D」をご紹介しましたが、ここからは他のキャピキシル育毛剤も含めて比較していきましょう。

 

  容量 キャピキシル以外の主要成分 1本定期便価格(税込) 最も安く購入できる価格(税込)
フィンジア 50ml ピディオキシジル2%
カプサイシン
9,980 8,967
(3本定期便)
Deeper 3D 60ml リデンシル5%
8種の成長因子
14,100 10,395
(6本まとめ買い)
バイタルウェーブスカルプローション 60ml リデンシル1.5%未満
ガゴメ昆布フコイダン
5種の成長因子
8,200 7,980
(継続7回目〜)
ザ・スカルプ5.0C 80ml 発酵プラセンタ
オクタペプチド2
10,000
(初回のみ4,980円)
 
ボストン スカルプエッセンス 60ml ピディオキシジル1.5%
フラーレン(抗酸化作用)
13,824 10,728
(3本まとめ買い)

各製品の「キャピキシル以外の主要成分」「1本定期便の価格」「最安で購入できる価格」を比べてみるとこのようになります。

価格的にいちばんお得なのは「バイタルウェーブスカルプローション」

価格を比べると、いちばんお得に購入できるのが「バイタルウェーブスカルプローション」ですね。

Deeper3Dが高めなのは成分からしてわかりますが、「ボストンスカルプエッセンス」はちょっとコスパがよくない印象です。

フィンジアの3本定期便は回数の縛りもなく1回で休止もできるので、コスパはなかなかいいのではないでしょうか。

 

では次に成分について、個別のポイントをみていってみましょう。

キャピキシル育毛剤の成分比較

先ほどご紹介したとおり、成分的にナンバーワンといえるのは「Deeper3D」で、フィンジアのピディオキシジル2%も有力です。

その他のキャピキシル育毛剤はどうでしょうか?

 

 バイタルウェーブスカルプローションの(キャピキシル以外の)成分

バイタルウェーブスカルプローションの主な「キャピキシル以外の成分」はこんなかんじです。

成分 主なはたらきや特徴
リデンシル1.5%未満 ミノキシジルの約2倍の毛包活性効果
リンゴ幹細胞エキス 細胞の再生力を高める
ガゴメ昆布フコイダン 毛母細胞を活性化
5種の成長因子 髪の毛をつくるためのさまざまな細胞を活性化

 

リデンシル1.5%未満

Deeper3Dに5%配合されているリデンシルが、1.5%未満という少ない濃度ながら配合されています。

臨床試験で結果のでたリデンシルの濃度は3%だっただけに、ちょっと物足りない濃度ではありますね。

リンゴ幹細胞エキス

再生力の高い特別なタイプのリンゴから抽出された幹細胞エキスには、細胞の再生力を高める効果があります。

頭皮の細胞の老化を遅らせることで、頭皮を健康に保つはたらきが期待できます。

ガゴメ昆布フコイダン

昆布のネバネバ成分であるフコイダンには、毛母細胞の増殖をうながす「KGF」という成長因子を増やすはたらきがあることがわかっています。

髪の毛の元になる毛母細胞を増やすはたらきが期待できます。

5種の成長因子

Deeper3Dの8種にはかないませんが、成長因子の配合はかなり充実しています。

 

以上、バイタルウェーブスカルプローションは成分の充実度も値段のわりにはなかなかだといえます。

「フィンジア」「Deeper3D」の次におすすめするとすれば、「月8,000円前後」というコスト面からもバイタルウェーブをあげたいですね。

>>『バイタルウェーブ スカルプローション』公式サイトで確認してみる

 

 ザ・スカルプ5.0Cの(キャピキシル以外の)成分

次にザ・スカルプ5.0Cの主な「キャピキシル以外の成分」をみてみましょう。

成分 主なはたらきや特徴
オクタペプチド-2 成長因子の一種で毛包幹細胞を活性化する
 発酵熟成プラセンタ  各種の成長因子を含み、育毛効果があるという研究あり
 センブリエキス他  育毛剤の定番成分で、頭皮環境をととのえる

 

オクタペプチド-2

さまざまな機能をもった細胞に変化していくことができる「幹細胞」。

この幹細胞にはたらきかけて、髪の毛をどんどんつくるように促してくれるのがこの「オクタペプチド-2」です。

(参考:発毛の鍵は毛包の幹細胞にあり|オクタペプチド-2の育毛効果とは?

 

発酵熟成プラセンタ

動物の胎盤からとれる「プラセンタ」にはさまざまな成長因子が含まれており、「育毛効果がある」という研究もあります。

(参考:プラセンタが薄毛に効果があるってホント?|プラセンタと育毛についての研究論文

ザ・スカルプ5.0Cに使われているのはプラセンタを「発酵熟成」させたもので、通常のプラセンタの約55倍もの成長因子が含まれています。

 

センブリエキス他

ザ・スカルプ5.0Cには「センブリエキス」や「グリチルリチン酸ジカリウム」といった、従来の育毛剤の定番成分も配合されています。

これらの成分は「血行促進」「炎症防止」といった「髪の毛が育ちやすい環境をととのえる」ためのものになります。

 

以上、ザ・スカルプ5.0Cは「発酵熟成プラセンタ」「オクタペプチド-2」といった、他のキャピキシル育毛剤とは一味ちがった配合成分で勝負している感じです。

どちらもしっかりした研究結果もあり十分期待の持てる成分なので、ザ・スカルプ5.0Cを選択肢に加えるのもアリだと思います。

 ザ・スカルプ5.0Cは定期便の価格が税込10,000円と安くはないように感じますが、実は容量が80mlと他のキャピキシル育毛剤(ほとんどが60ml)より多くなっています。

1日1回の使用であれば1本で3ヶ月近く持たせることも可能なので、「初回4,980円+2回目10,000円」(定期便は2回の継続が必要なため)=14,980円で半年弱(2本分)使ってみる、ということもできます。

予算をできるだけおさえたい方は検討してみてはいかがでしょう?

 

>>『ザ・スカルプ5.0C』公式サイトで確認してみる

 

 

 

 ボストン スカルプエッセンスの(キャピキシル以外の)成分

最後にボストンスカルプエッセンスの主な「キャピキシル以外の成分」をみてみましょう。

成分 主なはたらきや特徴
ピディオキシジル1.5% マウスへの実験でミノキシジルと同等以上の発毛効果
 フラーレン  すぐれた抗酸化力があり、細胞へのダメージを防ぐ
1種類の成長因子(EGF) 新しい細胞の成長を促進する

 

 ピディオキシジル1.5%

動物実験でミノキシジルと同等以上の発毛効果がみられたピディオキシジルが1.5%濃度で配合されています。

が、フィンジアの2%よりも低い濃度なのでこの点はちょっと見劣りしてしまいます。

 

フラーレン

ノーベル賞をとった研究で話題になったフラーレンという物質には、すぐれた抗酸化力(細胞を攻撃し老化させる「活性酸素」をやっつける力)があります。

活性酸素は頭皮にあたる紫外線や整髪料などの化学物質によって増える傾向にあるため、フラーレンのような抗酸化物質で頭皮の細胞を守ることは大いに育毛につながります。

 

成長因子EGF

成長因子のひとつであるEGFには、新しく生まれた細胞の成長を促進するはたらきがあります。

髪の毛の成長サイクルにおいては、成長期を長く、休止期を短くするはたらきが期待できます。

 

ボストンスカルプエッセンスも成分的にはけっして悪くないのですが、値段がDeeper3Dとそれほど変わらないのが気になります。

このお値段なら「Deeper3D」を選ぶか、あるいは同じピディオキシジルを2%配合していてお値段も安い「フィンジア」を選んだほうがいいのかな、と感じます。

 

>>『ボストンスカルプエッセンス』公式サイトで確認してみる

 

キャピキシル育毛剤をおすすめ順にランキングにしてみると・・

ではここまでのご紹介を踏まえ、各キャピキシル育毛剤を「おすすめ順」にランキング形式でならべてみたいと思います。

フィンジア
フィンジア3本定期

「使っているときに実際に髪の毛が増えたのが観察できた」ことから個人的なおすすめNo.1はどうしてもフィンジアになってしまいます^^

成分的にはミノキシジルと同等以上の結果が(動物実験とはいえ)でている「ピディオキシジル」2%の効果が小さくないのだといえそうです。

容量 50ml
キャピキシル以外の主な成分 ピディオキシジル2%
カプサイシン
1本価格(税込) 9,980円(1本定期便)
8,967円(3本定期便)
フィンジア公式サイト

 

 

Deeper 3D

ちょっとお値段はするものの、成分的にいちばん期待できるのがDeeper 3Dです。

予算的に余裕があるのであればいちばんにおすすめしたいですね。

容量 60ml
キャピキシル以外の主な成分 リデンシル5%
8種の成長因子
1本価格(税込) 14,010円(1本定期便)
10,395円(6本まとめ買い)
Deeper3D公式サイト

 

 

バイタルウェーブ スカルプローション

1回だけでもやめられる定期便で税込8,200円、さらに7回目からは税込7,980円という価格の低さだけでなく、「リデンシル1.5%」「5種の成長因子」など、成分的にもなかなか充実しています。

個人的には「廉価版のDeeper3D」というイメージです^^

容量 60ml
キャピキシル以外の主な成分 リデンシル1.5%
5種の成長因子
1本価格(税込) 8,200円(1本定期便)
7,980円(定期便7回目〜)
バイタルウェーブスカルプローション公式サイト

 

 

ザ・スカルプ5.0C

定期便の初回がなんと4,980円(税込)。さらに1本の容量が80mlと多めなので、「ほぼ半年を2本分14,980円で試してみる」ということもできる、コスパに優れたキャピキシル育毛剤です。

「発酵熟成プラセンタ」「オクタペプチド-2」といった独自の配合成分もしっかりした研究がされている成分で、十分期待できます。

容量 80ml
キャピキシル以外の主な成分 発酵熟成プラセンタ
オクタペプチド-2
1本価格(税込) 10,000円(定期便)
4,980円(定期便初回のみ)
ザ・スカルプ5.0C公式サイト

 

 

 

ボストンスカルプエッセンス

すみません、ボストンスカルプエッセンスだけは未使用なので大きなことは言えません^^;

が、フィンジアより少ないピディオキシジル濃度と、Deeper3Dとそれほど変わらないお値段設定から、残念ながら最下位評価とせざるを得ませんでした。

「使ってみて効果があった」という人はもちろんいると思いますので、参考程度に聞き流していただけると幸いです。

ボストンスカルプエッセンス公式サイト

 

 

 

まとめ

以上、長くなってしまいましたが、キャピキシル育毛剤の比較とおすすめランキングの記事でした。

やはりチャップアップなどと違って「人を対象にした臨床試験で結果が出ている」データがあるキャピキシル育毛剤は、毎日使う上でも心強さが違います。

ぜひ参考にしていただいて、あなたの髪の毛にとってすこしでもいい影響がでることを願っています。