最新版キャピキシル育毛剤比較とおすすめランキング|失敗しない選び方

個人的には今いちばん効果が期待できる育毛剤は「キャピキシル育毛剤」だと考えています。

「ミノキシジルの3倍の育毛効果がある!」ということで科学的なエビデンスや臨床結果をひっさげて登場したキャピキシルは、育毛に大きな効果が期待できる成分としてすっかり定着してきた感がありますよね。

そしてキャピキシルを配合した育毛剤の数も徐々に増えてきています。

数が増えてきて製品ごとの競争が激しくなってきたのはユーザーにとってよろこばしいことではあるのですが、

「どこが違うの?」「何を基準に選べばいいの?」

といったことがわかりづらくなっているというデメリットも生じています。

 

そこで今回は、

 キャピキシル以外の成分の充実度

 毎月続けていくうえでのコスト的な続けやすさ

 毎日使用するにあたっての刺激の少なさや使用感

これら主要な3つのポイントから各種のキャピキシル育毛剤を比較検討してみました。

 

各カテゴリーごとのおすすめ順ランキングも作成してみましたので、

「キャピキシル育毛剤を使ってみたいけど、どれを選べば正解なの?」

と悩んでいる方はぜひ参考にされてみてください!

 

 

1.キャピキシル以外の育毛成分の充実度で比較してみる

今現在販売されているキャピキシル育毛剤は、「キャピキシル」についてはすべて「5%濃度」(成分メーカーLUCAS MEYER COSMETICS社の推奨濃度)での配合となっています。

ですのでその育毛効果の違いを生む要因としては「キャピキシル以外の成分」がカギとなってくるわけですね。

まずは育毛効果を左右する「キャピキシル以外の成分の充実度」で比較してみましょう。

 

「キャピキシル以外の成分充実度」おすすめランキング

1位 Deeper 3D



キャピキシルと同様、エビデンスや臨床試験の結果が公開されている注目の新成分として「リデンシル」というものがあります。

こんにちは!ハゲ太です。 育毛成分は日々進歩しているようで、先日また新しい育毛成分を目にしました。 「リデンシル」という成分です。 キャピ...

2016年にリニューアルされたDeeper 3Dは、そのリデンシルを臨床試験で結果のでている「3%濃度」を上回る「5%」配合しているのが最大の強みになっています。

またリデンシル以外でも、各種成長因子(細胞の増殖や成長をうながすある種のタンパク質)の充実度もDeeper 3Dの右にでる育毛剤はありません。

「育毛成分の充実度」では文句なくナンバーワンの育毛剤です。

「とにかく効果がいちばんいい育毛剤を使いたい」

という方にはDeeper 3Dをおすすめします。

 

Deeper 3Dの詳細記事

 

 

 

 

キャピキシル以外の成分充実度:2位 フィンジア

フィンジア3本定期

キャピキシル・リデンシルと同様、エビデンスが確認できたのがフィンジアに2%配合されている「ピディオキシジル」です。

ピディオキシジルはあのミノキシジルと化学構造が酷似していて「副作用のないミノキシジル」として話題になっています。

ピディオキシジル単体での人への臨床試験の結果は確認できていませんが、マウスでの実験で発毛効果が確認されています。

(参考記事:ピディオキシジルの情報がないので調べてみた|ミノキシジルと同等の効果があるって本当?

また、「育毛成分をより浸透させるために毛穴をひろげる」という目的で配合されているカプサイシンには、ドイツの大学病院による動物実験で「皮下注射によって発毛が促進される」という効果が確認されています。

(参考記事:唐辛子(カプサイシン)の育毛効果まとめ

 

 

フィンジアの詳細記事
 

フィンジア 
公式サイトで確認してみる

 

 

 

 

 

キャピキシル以外の成分充実度:3位 バイタルウェーブスカルプローション


VITAL9

バイタルウェーブスカルプローションはキャピキシル育毛剤のなかでも「後発」である強みを活かし、「他の育毛剤にまけない成分」+「最新の育毛成分」が配合されています。

濃度は1.5%未満とDeeper 3Dには劣るものの、注目の新成分「リデンシル」を配合し、また細胞の再生力を強化する「リンゴ幹細胞エキス」といった新しい成分を積極的に採用しています。

各種の成長因子も充実した配合で、来年結果が出るというクリニックでのモニター試験の結果も楽しみな育毛剤です。

 

バイタルウェーブスカルプローションの詳細記事

 

バイタルウェーブスカルプローション 
公式サイトを確認してみる→

 

 

 

2.毎月のコスト面での続けやすさで比較してみる

では次にコスト面を比較してみましょう。

 容量定期便まとめ買い
バイタルウェーブスカルプローション60ml8,200円
(継続で7,980円まで割引)
 
フィンジア50ml9,980円8,967円
(3本定期便)
THE SCULP 5.0C80ml10,000円
 (初回4,980円)
 
Deeper 3D60ml14,100円10,395円
(6本まとめ買い)
ボストンスカルプエッセンス60ml15,984円
(1本定期便はなし)
8,928円
(3本定期便)

(価格はすべて税込表示)

一覧で比べてみるとこのようになっています。

それではコスト面からのおすすめ順に並べるとどうなるか?見ていってみましょう。

 

コスト面での続けやすさ おすすめランキング

1位 バイタルウェーブスカルプローション
VITAL9

やはりバイタルウェーブスカルプローションには「後発」であることの強みがあります。

新しい製品が市場に入っていくためには「いかにして注目を集めるか?」という戦略が必要になりますが、価格の面で他のキャピキシル育毛剤から一歩抜きん出ることで、注目を集めることに成功しています。

「いつでもやめられる定期便」が税込8,200円というのは、他のどのキャピキシル育毛剤よりお得感が感じられます。

さらに継続利用で7,980円(税込)まで段階的に割引が増えていくというのも、続けやすいポイントですね。

 

バイタルウェーブスカルプローションの詳細記事

 

 

 

 

コスト面での評価:2位 フィンジア

フィンジア3本定期

定期便で初めて10,000円を切ったのがフィンジアでした。(税込9,980円)

最近では「3本定期便」が開始され、さらに安く購入することもできるようになっています。

その場合は

1本:8,968円(税込)

と、税込9,000円をきってくるんですね。

フィンジアの場合は定期便でも継続の縛りがなく「1回だけ」でやめることも可能なので気軽にためせます。

1本あたりで計算すると「ボストンスカルプエッセンス」の「3本定期」も税込8,928円/本ですが、こちらは3回の継続=9ヶ月分使う必要があり、ちょっと縛りがキツイ感じがするので「フィンジア」を上位としました。

 

フィンジアの詳細記事
 

フィンジア 
公式サイトで確認してみる

 

 

コスト面での評価:3位 THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0C

IMG_0323 (1)

定期便で1本10,000円なので「それほど安くないのでは?」と思えますが、実は容量が80mlと他のキャピキシル育毛剤より多くなっています。

 容量
バイタルウェーブスカルプローション60ml
フィンジア50ml
THE SCULP 5.0C80ml
Deeper 3D60ml
ボストンスカルプエッセンス60ml

1本の容量が50mlフィンジアと比べると1.6倍もあるんですよね。

ですのでうまく使えば2ヶ月で1本、つまり「1ヶ月5,000円」で継続することも可能です。

また初回割引もあり、定期便の1本目は4,980円で始められるのも魅力ですね。(定期便は2回の購入が必要)

 

THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0Cの詳細記事

 

THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0C  公式サイトを確認してみる→

 

 

 

3.刺激感の少なさ・使用感で比較してみる

では最後に毎日使う上での「刺激のなさ」「使用感」を見てみましょう。

育毛剤に配合されていることの多い「エタノール」を始めとしたアルコール類は

  • 成分の溶かし込み
  • 皮脂を溶かして育毛成分が浸透しやすくする
  • 高い揮発性によって爽快感を生む

といった役割がありますが、いっぽうで多すぎると

  • 皮膚の水分を蒸発させてしまい、乾燥して傷つきやすい肌にしてしまう
  • タンパク質をこわしてしまう
  • 肌のバリアをこわしてしまう

といった危険性もあります。

ここでは配合成分にアルコール類が少ない、刺激性の少ないものを選んでみました。

刺激の少ない使用感 おすすめランキング

1位 THE SCALP (ザ・スカルプ)5.0C
IMG_0323 (1)

刺激のない使用感は一番でした。

つけたときにほとんど刺激がない反面、少しすると頭皮がじんじんと暖まってくる感覚があり、利いているな、と感じられます。

サラッとしていて頭皮への刺激感が少ないというのは、使ったことがある方であればみんな同意してくれると思います。


▲配合成分(全成分表示)をみると、エタノールより刺激性がすくないといわれる「BG」のみが溶剤として使われており、エタノールは使われていません。

成分からも刺激の少なさがわかりますね。

僕のように頭皮がわりと敏感で、刺激感があまり好きではないという方には特におすすめできます。

THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0Cの詳細記事

 

 

 

 

 

刺激の少ない使用感:2位 バイタルウェーブスカルプローション
VITAL9

こちらも刺激がほとんどなく、つけ心地は非常に良かったです。

▲ごらんのようにエタノールが入っているため「THE SCULP 5.0C」に比べると若干ですが刺激感はありますが、頭皮の弱い僕でも充分気持ち良く使うことができました。

スポイト式もなれると量の調節がしやすく非常に使いやすいです。

 

バイタルウェーブスカルプローションの詳細記事

 

バイタルウェーブスカルプローション 公式サイトを確認してみる→

 

 

 

刺激の少ない使用感:3位 Deeper 3D

成分がもっとも充実しているDeeper 3Dは使い心地もなかなかよかったです。

成分をみるとエタノールやBGといった複数のアルコールが入っており一見刺激が強そうですが、実際にはそこまで刺激感はありませんでした。

バイタルウェーブと同じくスポイト式なのも使いやすいポイントのひとつですね。

 

Deeper 3Dの詳細記事

 

 

 

 

まとめ。

以上、3つの評価ポイントでキャピキシル育毛剤を比較してみました。

おすすめランキングをまとめると次のようになります。

キャピキシル以外の成分ランキング

1位:Deeper 3D
2位:フィンジア
3位:バイタルウェーブスカルプローション

コスト面ランキング

1位:バイタルウェーブスカルプローション
2位:フィンジア
3位:THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0C

刺激の少ない使用感ランキング

1位:THE SCALP(ザ・スカルプ)5.0C
2位:バイタルウェーブスカルプローション
3位:Deeper 3D

 

このような結果になりました。

 

「とにかく効果がいちばん期待できるもの」というのであれば、まず「Deeper3D」を一番におすすめします。

総合的な評価では「フィンジア」「バイタルウェーブ」も高いですね。

ぜひ参考にしていただけると幸いです。