育毛効果・薄毛対策だけじゃない!アルギニンはアンチエイジングも狙える欲ばり成分

こんにちは!ハゲ太です。

育毛に取り組んでいる人のなかには30代〜40代以降の方も多いと思います。

この年齢になってくると、ハゲ以外にも体のいたる部分で「年齢を感じる」ことが増えてきますよね。

最近では「抗加齢医学」(アンチエイジング医学)というジャンルの医学も知られるようになり、アンチエイジング専門のクリニックに通ったり、アンチエイジング用のサプリを摂取したりしながら「抗加齢」に取り組む人も増えてきていると思います。

抗加齢医学(アンチエイジング医学)とは

抗加齢医学(アンチエイジング医学)とは、加齢という生物学的プロセスに介入を行い、加齢に伴う動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学である。

(出典:日本抗加齢医学会 公式ページ)

防げる老化は防いで「健康長寿をめざす」というのは、病院通いの減少、ひいては医療費の削減にもつながると思うので、アンチエイジングには全国民が取り組むべきだと思ってます(笑)

 

ところで「ハゲ対策」もある意味アンチエイジングといえなくもないと思うのですが、育毛サプリの成分を調べていると、文字通り「ハゲにもアンチエイジングにも効果的」という成分があるのに気が付きました。

アミノ酸の一種である「アルギニン」です。

今回はアルギニンの育毛効果について詳しく調べてみました。

 

「スーパーアミノ酸」アルギニンは育毛にもエイジングケアにも効果が期待できる

アルギニンは僕が今使っている育毛サプリ「BOSTON」や、育毛剤「チャップアップ」にも育毛成分として配合されています。アルギニンにはどんな育毛効果があるのでしょうか?

 

アルギニンとは?

アルギニンはアミノ酸の一種です。

通常アミノ酸は体の組織を構成するタンパク質の材料として使われますが、「アルギニン」は単独でも下記のようなはたらきをもっています。

  • 成長ホルモンの分泌を促し、体を若返らせる
  • 「インスリン様成長因子IGF-1」の分泌を引き起こし、毛母細胞を活性化させる
  • 体内でNO(一酸化窒素)を生成し、血管を広げ血流を増大し、動脈硬化などを予防
  • アミノ酸として肌を保湿するための成分として働き、美肌効果をもたらす
  • 免疫力を高める

 

このように、育毛だけでなくアンチエイジングなどにも大きな効果が期待できるため、アルギニンは「スーパーアミノ酸」と呼ばれることもあるようです。

 

アルギニンの育毛メカニズム

ではアルギニンは具体的にどのようなメカニズムで、育毛に効果が期待できると考えられているのでしょうか?

主に2つの角度から見ていくことができます。

1.成長因子「IGF-1」の働きを促進

髪の毛は頭皮に存在する「毛母細胞」という細胞が成長することで、太く丈夫に育っていきますが、この毛母細胞を成長させるものとして「インスリン様成長因子(IGF-1)」という分子があります。

そしてIGF-1を分泌させるのは「成長ホルモン」であることがわかっています。

つまり成長ホルモンが分泌されることで「IGF-1」も増加し、結果として髪の毛が元気に成長していくことになります。

 

成長ホルモンは20代をピークに減少していく

しかしこの成長ホルモンは成長期の10代をピークに、20代からどんどん減っていってしまいます。

(30代でピーク時の3分の2、40代で約半分になるといわれています)

するとIGF-1の量も少なくなっていくため、髪の毛が育ちにくくなり、薄毛・脱毛が進行する一因となります。

逆にいうと成長ホルモンの分泌をなんらかの方法で増やすことができれば、育毛効果が期待できることになります。

アルギニンによって成長ホルモンが増える

そこでアルギニンの登場です。

アルギニンには充分な量が体に吸収されると、強力に成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

そのためアルギニンには育毛効果が期待できるというわけですね。

 

2.NO(一酸化窒素)生成による血流増大

アルギニンは体内に吸収されると、『オルニチンサイクル』という代謝回路に組み込まれ、そのプロセスでNO(一酸化窒素)を生成します。

このNO(一酸化窒素)の働きとして、

「血管の内壁の筋肉を弛緩させ、それにより動脈を拡張して血流量を増やす」というものがあります。

つまりNOによって血管が柔らかくしなやかになり、頭皮の毛細血管の血流も増大するわけです。

そうすると毛母細胞にも栄養が充分届けられるようになり、育毛につながるわけですね。

 

以上、

「毛母細胞を成長させる成長因子(IGF-1)を増加させる」
「頭皮の血流量の増大」

この2つの点から、充分な量のアルギニン摂取による育毛効果が期待できます。

 ちなみに「十分な摂取量」というのは1日最低2,000~4,000mgとされています。

 

 

アンチエイジングにも効果あり?アルギニンでエイジングケアができるわけ

では次にアルギニンがエイジングケアにも効果を発揮する、という点について詳しくみてみましょう。

アメリカのアンチエイジング界隈で重視されている「成長ホルモン」

アメリカでは成長ホルモンがアンチエイジングにもっとも効果的だということが知れ渡っています。

そのため、アメリカのセレブの間では「成長ホルモン注射」が主要なアンチエイジング手法として取り入れられているそうなんですね。

実際、6ヶ月の継続的な「成長ホルモン療法」によって10〜20歳の若返り効果があることが臨床試験でも実証されています。

Effects of Human Growth Hormone in Men over 60 Years Old

Daniel Rudman, M.D., Axel G. Feller, M.D., Hoskote S. Nagraj, M.D., Gregory A. Gergans, M.D., Pardee Y. Lalitha, M.D., Allen F. Goldberg, D.D.S., Robert A. Schlenker, Ph.D., Lester Cohn, M.D., Inge W. Rudman, B.S., and Dale E. Mattson, Ph.D.

N Engl J Med 1990; 323:1-6July 5, 1990DOI: 10.1056/NEJM199007053230101

 

成長ホルモンはその名のとおり成長期に分泌量のピークを迎えるホルモンですが、成人後も大切な役割をもっていて、

代謝を促進し、脂肪がつきにくくする

 筋肉をつける

 骨密度を保ち、骨粗しょう症を予防する

 傷ついた細胞を修復する(肌荒れの修復による美肌効果など)

 

このような働きをもっています。

成長期に体をつくるために働くホルモンだけあって、成長ホルモンが充分あることで体が若く保たれるというのはなんとなくイメージできますよね。

 

アメリカのホルモン療法 ビフォー・アフター

ひとつ成長ホルモンの力をしめす実例をみてみましょう。

アメリカのアトランタにあるアンチエイジングセンター「Antiaging Atlanta」のスミス博士は、公式サイト上で自らの「成長ホルモン療法前・療法後」の写真を掲載されています。

 

▼まずこちらが成長ホルモン療法を受ける前、47歳の時の写真。

スクリーンショット 2015-11-13 0.38.19スクリーンショット 2015-11-13 0.38.26

「体重は134kg,BMI値は30.8だった」そうです。

 

 

 

▼そしてこちらがアフターの写真。52歳です。

スクリーンショット 2015-11-13 0.42.17

この時点で、「体重97kg、体脂肪率9%」だそうです。

すごい変化ですね。

 

成長ホルモンには育毛効果もある

同じ「Antiaging  Atlanta 」のサイト上では、「成長ホルモン補充療法によって、研究上実証されている効果」として以下のようなリストが挙げられています。

  • 体脂肪の減少
  • 筋肉量の増加
  • より高いエネルギーレベル
  • 性的機能の強化
  • 生体器官の再生
  • 免疫力のアップ
  • 強い骨格
  • コレステロール値と血圧の低下
  • 傷が癒えるのが速くなる
  • スムーズで弾力のある肌
  • 育毛
  • 視界がクリアになる
  • 気分の高揚・認知力の改善

「育毛」以外にもこれだけの内容が「研究上実証さえている効果」として上げられているんですね・・・

こんなにメリットがあるのであれば、セレブたちが成長ホルモン補充療法に走るのもわかります!

 

日本でも成長ホルモン注射は可能か?

アンチエイジングに素晴らしい効果を発揮する成長ホルモンですが、日本でもその目的で成長ホルモンを注射することは可能なのでしょうか?

「赤坂アンチエイジングクリニッ」クのサイトを見てみると、各種ホルモン調整療法についての解説がでています。

赤坂AAクリニック

見てみると、女性ホルモンや男性ホルモンの補充療法と同様に、成長ホルモン補充療法も対応しているようです。

 

成長ホルモン療法の料金は?

赤坂アンチエイジングクリニックの料金表を見てみると、

スクリーンショット 2015-11-12 23.58.06

となっています。

「HGH」というのがHuman Grouth Hormone、つまり「ヒト成長ホルモン」のことです。

毎月315,000円ということで、臨床試験で10〜20歳の若返り効果があったとされる6ヶ月治療を受けるとすると200万円近くになります。

「これだけ払う価値はある!」という人がこうした療法を受けるのだと思いますが、僕ら一般庶民としてはちょっとやそっとでは手が出せない世界ですよね・・

 

アルギニンで成長ホルモンを増やすことができる!

実は成長ホルモンは外部から注入しなくても、体内の分泌量を増加させることで増やすことができます。

その方法のひとつが、アルギニンを摂取することなんですね。

 

(参考)アルギニンで若返る!驚異のアンチエイジング成分超アミノ酸『アルギニン』

こちらのサイトでは、「アルギニン摂取とアンチエイジングについて」の膨大な情報を掲載されています。

このサイトの管理人の方は、こちらの本↓の著者である薬学博士の方らしく、かなり詳細にアルギニンのメリットについて書かれています。

おそらくアルギニンとアンチエイジングの関係については、こちらのサイトより詳しい情報源はないと思うので、興味がある方はご覧になってみてください。

 

要は、アルギニンを適切に摂取することで、何百万円もする「ホルモン補充療法」を受ける必要なく成長ホルモンを増やし、アンチエイジング効果をもたらすことが期待できるということです。

 

アルギニンはED改善目的にも使える

成長ホルモンとはまた別の話になるのですが、アルギニンはEDの改善にも効果を期待することができます。

さきほどもご紹介しましたが、アルギニンは体内に吸収されると「オルニチン回路」という代謝回路に組み込まれ、そのプロセスで「NO(一酸化窒素)」が生成されます。

このNO(一酸化窒素)には

「血管の内壁の筋肉を弛緩させ、それにより動脈を拡張して血流量を増やす」

という働きがあり、ペニスの海綿体に流れ込む血流量を増大させることでED改善につながることが期待できるんですね。

 

精力剤の成分にもアルギニンが!

実際、ペニス増大や勃起力改善を目的としている強精剤・精力剤の成分にもアルギニンがよく使われています。

スクリーンショット 2015-11-14 21.33.40

(ED改善と精力向上のための精力サプリ「クラチャイダムゴールド」 の公式ページより)

 

このようにアルギニンには「性機能」の面でもエイジングケア効果が期待できるというわけです。

 

 

アルギニンの摂取方法は?

それでは成長ホルモンを増やすための「アルギニンの適切な摂取方法」はどういったものになるのでしょうか?

アルギニンを適切にとるには摂取量や摂取方法など、いくつか注意する点があります。

次の記事ではこの点について詳しく見ていきたいと思います。

>>飲んでも意味のないアルギニンサプリもある?アルギニンの摂取量・注意点について

 

 

 

 

Image courtesy of Ambro at FreeDigitalPhotos.net

効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。


>>効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。

 

 

【注目記事】