AGAとは

AGA(男性型脱毛症)とは何か?そのメカニズム

AGAとはAndrogen Alopeciaの略で、直訳すると「男性ホルモン型脱毛症」となります。

男性の薄毛の原因の多くがAGAだと考えられていて、その名のとおり「男性ホルモン」が深く関わっています。

 

AGAが発症したとき、何が起こっているのか?AGAのメカニズム

AGAが発症すると、通常の髪のサイクルが乱れることで薄毛が進行していきます。

AGAとは何か

出典:ヘアメディカル公式サイト

正常な髪のサイクルは外側のサイクルで、

●成長期:2〜6年
⇒●退行期:約2週間
⇒●休止期:3〜4ヶ月
⇒●成長期

このようなサイクルを一生のあいだに10〜40回ほど繰り返すといわれています。

AGAが発症すると、このサイクルのうち「成長期」が「数ヶ月〜1年」と極端に短くなります。それにより、図の内側のサイクルのように「髪が成長する前に抜け落ちてしまう」ようになり、薄毛が進行していくわけですね。

AGA発症のメカニズム

成長期がこのように短くなってしまうのには、男性ホルモンが深く関係しています。

まず一般的な男性ホルモンとして「テストステロン」というホルモンがありますが、このテストステロンが血流にのって毛根まで運ばれてくると、そこには「5-α還元酵素(リダクターゼ)」という酵素が存在しています。

そしてこの5-αリダクターゼという酵素がテストステロンに作用すると、テストステロンは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という、「より強力な男性ホルモン」に変化をとげます。

スクリーンショット 2015-10-24 22.46.07

 

そしてテストステロンから変換された「ジヒドロテストステロン(DHT)」の作用によって、

●成長期に入る予定の髪の毛に「抜けていいよ」という信号が送られる

●毛根まわりの血流を阻害し、充分な栄養が毛乳頭・毛母細胞に届きにくくなる

このような影響によって髪の成長期が短くなり、薄毛が進行するわけですね。

 

AGAの治療法はこの一連のメカニズムにはたらきかける

AGAの治療法はこのメカニズムに働きかけて薄毛の原因をつぶしていくことになります。

たとえばAGA治療薬としてもっとも有名な医薬品成分に「フィナステリド」(薬品名は「プロペシア」など)がありますが、このフィナステリドはDHTを生み出すもとになる「5-αリダクターゼ」の働きを抑えることでAGAの進行をとめるというものです。

また最近一般的になりつつある「HARG療法」や「メソセラピー」といった治療では、細胞の成長や髪の毛への分化をうながす「成長因子」とよばれるタンパク質などを頭皮に直接注入することで、DHTの働きで弱った髪の毛の成長を促進していきます。

 

AGA治療をクリニックで行うメリット

HARG治療などは認定された医療機関でしか行うことはできませんし、医薬品であるフィナステリドも本来であれば医師の処方によってしか手に入れることのできないものです。

ただフィナステリドなどの医薬品に関しては、医薬品特許について他の国とは異なる常識をもっているインドのメーカーが非正規のジェネリック薬品を販売しており、「個人輸入」というかたちで医師を介さずに安価で手に入れることが可能になっています。

非常にコストがかからないので個人輸入によって薬を入手している人も多くいますが、フィナステリドや同じくAGA対策の医薬品として利用されることの多い「ミノキシジル」には副作用の可能性があるため、できれば医師の管理下で服用したほうが安心といえるでしょう。

 

 

 

 

ハゲ太おすすめのAGA・薄毛治療専門クリニック3選

トップページでくわしく書いていますが、男性のハゲ・薄毛の原因の9割以上をしめる「AGA」から回復するには、AGA・薄毛治療専門クリニックに行ってみるのがいちばんの近道です。

僕は10院以上ものAGA・薄毛治療専門クリニックの無料カウンセリングにいってみた結果、

  • どんなクリニックであれば安心して治療が受けられるか
  • 無料カウンセリングではどんなところを見て判断すればいいか

 

というポイントやコツみたいなものがわかってきました。

各地のおすすめクリニックについてはこちらのまとめページからご覧いただけますが、ここではなかでもおすすめの3つのクリニックをご紹介してみます。

(クリニックがない地域の方は、3番目におすすめしているAGAヘアクリニックの遠隔治療がおすすめです)

ヘアメディカルグループ(治療実績190万件以上)
効果のでるスピードや副作用の出方に個人差が大きいAGA治療を安心してうけるために、いちばん重視したいのが「これまで治療してきた症例件数」です。
ヘアメディカルグループは治療実績が190万件をこえており、「これなら自分の薄毛も安心して治療してもらえる」という確信度の高さは他のクリニックにはないものです。
無料カウンセリング
これまでのAGA治療症例数 190万件以上
プロペシア処方(治療例) 6,500円(税抜)
クリニックの数 4院(東京・大阪・名古屋・福岡)

詳細記事公式サイト

AGAスキンクリニック(全国に50院)
知名度は日本でも有数のAGA治療専門クリニック。
AGA治療可能なクリニックは「美容外科」「メンズクリニック」などが多いですが、AGAスキンクリニックは「AGA治療のみに特化したクリニック」なのでその分治療内容への安心感も高いです。
日本全国に展開しているため、地方在住の方にとっては強い味方です。
無料カウンセリング
学割 10%オフ
プロペシア処方(治療例) 7,000円(初回のみ4,200円・税抜)
クリニックの数 全国50院(北海道から沖縄まで)

詳細記事公式サイト

AGAヘアクリニック(遠隔診療で自宅で治療できる)
「通える範囲にAGA治療専門クリニックがない」
「クリニックに通える時間がない」
「人に見られるのは恥ずかしい」
そんな人たちにとって、自宅からスマホで医師のカウンセリングや診療が受けられる「遠隔治療」はめっちゃありがたい存在だと思います。
AGAヘアクリニックは遠隔治療に力を入れているだけでなく、治療費用もかなり抑えめなので、コストを抑えたい方にもおすすめできます。
無料カウンセリング
初診料・診断料・医療相談料 すべて無料
フィナステリド処方(治療例) 5,500円(税込)
クリニックの数 1院(東京秋葉原)・遠隔診療可能

公式サイト