僕がフィンペシアの個人輸入をやめたわけ|AGA・薄毛治療クリニックのすすめ

こんにちは!ハゲ太です。

今回はAGA治療で最初に飲み始めた「フィンペシア」という薬を【副作用】が原因でやめたこと、そしてその後いってみたAGAクリニックがどんなところだったのか?について語ってみたいと思います。

「安全」かつ「効果のある」AGA治療をおこなっていくための参考にしていただければと思います。

 

目次

個人輸入で手に入れた医薬品でAGA治療を始めた

僕が3ヶ月で薄毛を克服したときに使用したアイテムのなかには、2つの医薬品がありました。

●ミノキシジルタブレット(ミノタブ)
●フィンペシア(フィナステリド錠)

この2つは医薬品なので病院で処方してもらうべきものなのですが、個人輸入で非正規のジェネリック品を手に入れるとめっちゃ安く手に入れることができます。

僕も本格的な育毛・発毛活動に取り組むことを決めてからすぐに、個人輸入によって「ミノキシジルタブレット」と「フィンペシア(フィナステリド含有の発毛薬として認可されている「プロペシア」の非正規ジェネリック品)を手に入れて飲み始めましたが、「安さ」が大きな理由のひとつでした。

 

医薬品は効果はあるけど・・

この2つの薬の服用を続けながら、僕は日々不安と戦っていました。

実は効果の高いこの2つの薬【ミノキシジルタブレット・フィナステリド】には、次のような副作用の可能性が指摘されているのです。

●ミノキシジルの副作用: むくみ、めまい、動悸、体毛の増加、初期脱毛
●フィナステリドの副作用: 性欲減退、男性の性機能障害

このブログの(AGA治療〇〇日目)というカテゴリーの記事をみていいただけるとわかりますが、日々薬の副作用を感じながら、自分の判断で服用量を調節したり、止めてみたりと試行錯誤しながら続けてきました。

 

僕は完全にハゲてしまったので「副作用があってもいい!飲むしかない!」と覚悟を決めて服用を始めることにしたのですが、実際に副作用の影響はたしかにあったんです。

 

僕が感じた主なミノキシジルとフィナステリドの副作用?と思われる症状

スクリーンショット 2016-01-09 22.45.03

僕が実際に副作用?と感じた具体的な内容はこんなかんじです。

●ミノキシジルの副作用・・?

・朝起きたときのひどい「むくみ」
・薬を飲んだあと心臓がドキドキする
・薬を飲んだ後駅に歩いて向かうといつもよりしんどい・目眩がちで部屋でよくモノにぶつかる

●フィナステリドの副作用・・?

・下半身の感覚が「薄く」なった気がした
(勃つことは勃つが、感覚が薄い)

 

このような副作用が感じられたので、飲み方もだんだんと変わっていきました。

 ●ミノキシジル: 当初5.0mg錠を1日1錠 ⇒ 2.5mg錠を1日1錠(休む日あり)へ
●フィナステリド(フィンペシア):
当初1.0mgを1日1錠 ⇒ いったん休止(約3ヶ月後)

よくわからないけど、当初の量・ペースで飲み続けるとなんかヤバイ感じがしたんですよね・・^^;

 

この服用量を調整していくプロセスは、

・このまま飲み続けても身体は大丈夫なのだろうか
・このままEDになったらどうしよう

といった自分の中の不安とたたかいながらだったので、なかなか辛かったです。

 

要するに、「薬の服用を中心とした治療でハゲは治せる」ということはわかったものの、服用の量や方法が正しいのか、身体への影響は大丈夫なのか、といった不安は払拭しきれなかったということですね。

 

そして復活した髪の毛を維持していくために、このまま薬を飲み続けなければいけないのかどうなのか?ということへの不安もありました。

 

 

 

ハゲは薬で治せる。でも安心して治療をすすめるために、まずクリニックを利用するべきだった・・

自分ひとりで悩んだりネットで検索して調べるのにも限界を感じたので、AGA専門のクリニックの門を叩いてみることにしました。

とはいっても最初はいくつかのクリニックの無料カウンセリングに行って相談してきただけですが・・

 

AGAの治療法は確立されていた!

僕はクリニックをいくつか回りましたが(ほとんどのAGAクリニックではカウンセリングが無料で受けられます)、基本的なAGAの治療法はどのクリニックも同じでした。

 

基本となるのはやはり投薬治療で、

1.ミノキシジルで発毛を促し、

2.フィナステリドで抜け毛を防ぐ。

というものです。

つまり僕が個人輸入でやってきたことと戦略的にはいっしょなんですね。

「よりいっそう発毛を強力に発毛を促したい場合は、「メソセラピー」と呼ばれる成長因子注入療法を行う」という点も各クリニックほぼ共通していました。

 

とはいえ、ひとりで治療するのをやめてAGAクリニックにいってみてよかったことはたくさんありました。

主なものをあげてみましょう。

 

クリニック利用のメリット1.:無料相談で話を聞くだけでも、薬の副作用にたいする不安がある程度払拭できた

クリニックにいってよかったことのひとつは、

正しい知識を得ることによって投薬治療の不安が軽減されたことです。これは無料カウンセリングを受けるだけでも得られたメリットでした。

無料カウンセリングでクリニックで医師の方に副作用についての心配を打ち明けたところ、

「どれくらいの副作用なら大丈夫といえるのか?」

「副作用はどれくらいの期間出るものなのか」
男性医師
「どれくらいの割合の人に副作用がでて、その後どのような対応をしていって、副作用の出方はどのように変化していったのか」

といった話を伺うことができ、疑心暗鬼になっていた心がすっとラクになりました。
正しい知識をもつとこれほど安心できるものなのか!と実感します。

 

たとえば自分ではけっこう怖かったミノキシジルの副作用について具体的に相談すると、

健康な人の多くは1ヶ月くらいはこれくらいの副作用を感じる人は多いですよ。でもその後はみなさん収まっていく人がほとんどです。

 

といった情報を教えてもらうことができ、安心感が高まりました。

 

 

そして数ヶ月だけでもAGAクリニックに通うことにすれば、さらに次のようなメリットがあります。

 

クリニック利用のメリット2.:薬が身体にあうかどうか、血液検査などによって確認することができる。

laboratory-313864_1280

クリニックで薬を処方してもらうことした場合、薬の服用前と服用1ヶ月後に血液検査をすることで、身体(肝臓など)に負担がかかっていないかを検査してもらえます。

またクリニックによってはDHT(強力男性ホルモン:ジヒドロテストステロン)のレベルも検査することで、薬剤がちゃんと効いているかどうかも数値で出してくれます。

「合うかどうかわからない」「効くかどうかわからない」薬を、副作用の心配をしながら飲み続ける必要がなくなるのは大きなメリットです。

 

クリニック利用のメリット3.:薬そのものの品質を心配しなくてもいい。

スクリーンショット 2016-01-09 21.19.04

また薬の品質そのものについても、個人輸入で出回っているジェネリック品よりも間違いのないものを処方してもらえる安心感があります。

個人輸入で出回っている薬のうち「安すぎる」ものについては、有効成分が表示されている量よりも少ないこともあったりするそうです。

 

 

クリニック利用のメリット4.:身体に不安があれば医師に相談することができる

nursedoc

何か体調の変化を感じた場合でも、AGA治療の臨床経験の豊富な医師に、他の多くの症例にもとづいたアドバイスをもらうことができます。

僕が実際聞いた話のなかには、診てくれた医師の方ご本人の体験談もありました。

実は私も9年間プロペシアを飲み続けているんですよ。

副作用かな?と思うことはありました。男性機能不全です。でも飲み続けていたら治りました。フィナステリドの副作用だったかどうかはわからないですけどね

 

といった話も聞くことができました。

 

 

ということでミノキシジルやフィナステリドを使用する場合、最初から個人輸入で自己責任で取り組むよりも、最初の数ヶ月だけでもクリニックで処方してもらい、体調や効果について相談をしながら治療を始めると、安心感がケタ違いだということがわかりました(^^;)

 

僕の場合は、個人輸入の非公認ジェネリック品「フィンペシア」(インド製)をやめた後、最近公式に認可されたファイザー製薬のフィナステリド錠を処方してもらいました。

「同じフィナステリド薬でも薬の種類を変えると副作用や効果の出方が変わるケースはけっこうある」

とクリニックで伺ったのでしばらく続けてみたところ、実際フィンペシアで感じていた下半身の違和感は感じなくなりました。

 

 

では最初にまず、どのAGAクリニックにいくべきか?

僕は実際に多くのAGAクリニックを訪れてみました。

それを元におすすめのAGA治療クリニックについて記事をまとめていますので、もしよかったら参考にされてみてください。

 

こんにちは!ハゲ太です。 今回は「東京のAGA治療専門クリニック」について比較しつつ、情報をまとめてみたいと思います。 すべて実際に行ってみ...
こんにちは!ハゲ太です。 今回は大阪で評判の高いおすすめのAGA治療専門のクリニックをまとめてみたいと思います。 AGA治療を受けるうえでは...
こんにちは!ハゲ太です。 今回は愛知・名古屋近辺にある『AGA・薄毛治療専門のクリニック』をまとめてみようと思います。 クリニックでうける薄...

 

 

 

AGA専門クリニックは「育毛サロン」などと違って「商売っけ」がないことに驚いた

実際に複数のクリニックの無料カウンセリングに行ってみてよくわかったのですが、いわゆる「育毛サロン」でよく聞くような「契約を迫られる」ようなことはまったく、これっぽっちもありませんでした。

無料カウンセリングで医師やアドバイザーの方に相談するだけでもかなり安心することができたので、クリニックで治療を受ける・受けないに関わらず、一度行ってみることを個人的にはおすすめしたいです。

 

 

AGA・薄毛治療専門クリニックの選び方。無料カウンセリングで確認すべきことは?

スクリーンショット 2016-01-09 22.58.45

実際に無料カウンセリングに行ってみたら、信頼できるクリニックかどうかを判断するために、次のようなことを特に確認してみるといいと思います。

 

1.こちらから質問しやすい雰囲気があるか?質問にていねいに答えてくれるか?

治療内容に自信をもっているクリニックであれば、どんなことを聞いてもていねいに回答してもらえます。

また「何を聞かれても問題ない」という余裕があるため、こちらから質問しやすい雰囲気もあります。

逆に「質問しても納得のいく答えがもらえない」と感じるクリニックもあったので、そのようなクリニックで治療を受けるのは避けるようにしましょう。

 

2.具体的な治療内容を詳しく説明してくれるか?

具体的な治療内容や、それらの治療がどのような理由・メカニズムで治療効果が期待できるのかなど、「あなたが納得して治療を受けられる」ことを最優先してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

こちらに専門知識がないことをいいことに、あやふやな説明のまま治療プランを決めてしまおうとするクリニックには要注意です。

 

3.こちらの理解度や同意のあるなしを確認しながら話をすすめてくれるか?

「インフォームド・コンセント」ということばもありますが、治療方針を決めていくプロセスで「こちらの理解度と同意の有無を確認しながら話をすすめてくれるかどうか」は大事なポイントです。

 

 

4.治療が「6ヶ月コース」「12ヶ月コース」などコース制になっていないか?

 

クリニックによっては数ヶ月単位のコースを強くすすめてくるところがあります。

しかも6ヶ月分、12ヶ月分の治療料金は一括前払いで「医療ローン」をすすめてきたりもするので、そういったクリニックは避けたほうが賢明だと思います。

 

 

実際にクリニックに足を運んでみよう

今ここにあげたようなチェックポイントは、AGAクリニックの広告見ただけでは判断できません。

幸いなことに最近はどのクリニックも「無料カウンセリング」を受け付けていますので、実際に足を運んでクリニックの運営姿勢を確認してみることができます。

「強引に契約を迫られたりするんじゃ?」という不安もあるかもしれませんが、これまで10件ほど無料カウンセリングに行ってきたなかではそういうことはありませんでした。

 

AGA治療クリニックを検討する際は、ぜひ「実際にいってみる」ことから始めてみてください。

 

まとめ

以上、今回は僕が途中で薬の個人輸入をやめた理由と、AGA専門クリニックがおすすめできる理由についてお話させていただきました。

「クリニックを利用するとなるとやはり費用面が心配」という方も多いと思いますが、最近は「プロペシアの処方だけなら月3,980円」という【ヘアジニアス】のようなところもでてきています。

AGAクリニックで治療を受けたからといって必ずしも毎月数万円かかるわけではありませんので、薬を始められるときはいろんなよーく調べてから始められることをおすすめします。

 

 

 

 

 

効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。


>>効果を実感したいあなたに伝えたい育毛剤|いちばん毛が増えたのはこれでした。

 

 

【注目記事】