AGA治療体験記0日目:ハゲてのち。

 

こちらのページ(チャップアップが効かないのでやめたらハゲてしまいました。)で「ハゲ」が明らかになるまでをつづりましたが、その続きになります。

 

「終わったな」

と独りごちた僕は、その足で散髪にいこうと考えました。

なぜなら、昔から「ハゲになったら坊主!」と考えていたからです。

というか、少ない髪の毛を頭の上にふぁさっと乗せてる絵づらがイヤだったんですよね。

 

坊主も似合いそうにないハゲ

実はまだ自分がハゲる前は「坊主にすれば、まあまあ見れるんじゃないか?」となんとなく考えていました。

しかし実際にハゲてみて、鏡を見ながら思いました。

 

「これ、坊主にしたらさらにみっともなくね?」

 

おそらくスキンヘッドまでやれば、それなりに「ああ、スキンヘッドだな」というかんじになると思うのですが、中途半端な坊主だと、やっぱりハゲはハゲなんですよね。

 

実際ハゲてみて初めてわかりました。

 

昔見た希望の光

坊主にすることを思いとどまった僕は考えました。

これからどうすべきか?

 

そして、昔見たブログに「薬を飲む治療によってハゲからフサフサに復活した話」があったのを思い出したのです。

 

記憶をたよりにそのブログを検索すると、ありました。

若ハゲ番長さんのブログです。

若ハゲ番長のAGA治療体験記。

 

実は昔このブログを見たときに、AGA治療薬として知られるプロペシアのジェネリック品「フィンペシア」を購入したことがありました。

でも使わずに捨ててしまったんです。

 

なぜかというと、

副作用があると言われている

一度服用を始めると、一生飲み続けないといけない

という説があったからです。

 

「これを飲んだら最後、一生こいつと付き合っていかないといけなくなるかも」

そう思うとどうしても飲み込むことができませんでした。

 

 

失うものがなくなった今こそ・・

しかしまだ髪の毛が「ハゲではない」と言える程度にはあった当時と違い、今は立派なハゲです。

失うものはありません。

 

そしてここから僕はフィンペシアを含むAGA治療人生を始めることを決意しました。

 

「初期脱毛しようが、途中で薬を飲めなくなってさらに薄毛が進行しようが、今以上に悪くなることはもうない」

そう思えたからこそ、一歩踏みだすことができたのです。

 

人間、失うものがなくなることで前にすすめることってありますよね。

 

今まさに僕の新しい人生が始まろうとしています。

 

 

成果を記録していきます

というわけで前フリが長くなりましたが、このブログでは2015年9月22日から始めた僕のAGA自己治療の記録を晒していこうと思っています。

現状の頭の写真もとっているのですが、自分で見ると凹んでしまう部分もまだけっこうあるので、これは改善した後の比較用としてアップしようと思います。

「え〜すごい!こんなに生えてきたんだ!」

と何ヶ月後かに言えることを夢見て、歩んでいきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(追記)

多少よくなってきたのと吹っ切れたのもあり、「治療0日目」の写真を掲載しておきます。

こんな状態です。

チャップアップやめたらはげた チャップアップやめたらハゲた

生えるといいな〜