こんにちは!ハゲ太と申します。

このブログでは、僕が

「自分はハゲている・・」

・・ことを受け入れて以来取り組んできた育毛活動についての記録をつづるとともに、

海外情報も含め調べまくってきた育毛成分育毛方法・育毛アイテムについての情報を、

できうる限り提供してみたいと思いつくっています。

 

くわしく調べてみると、ちまたで「これが人気No.1」といわれているような育毛剤などが、必ずしも期待した効果が得られるわけではないこともわかってきました。

そして「本当に効果が期待できる」育毛アイテムが何なのかについても・・

もしあなたが、

  • いろいろ試してきたけど、いまいち効果が実感できない
  • いいことばかり書いてある育毛アイテムの広告にうんざりしている
  • とにかく結果につながる可能性がもっとも高い方法を知りたい

このような思いをもっているのであれば、きっとお役にたてると思います。

参考にしていただけると幸いです!

→ハゲ太のプロフィール

 

▼注目記事


 

 

AGA治療体験記

atamanohenka

僕がどんな状態から、どんな方法で育毛活動を始めたのか?

また、どんなプロセスを通って回復していったのか?

その過程をつづっています。

>>「AGA治療体験記」カテゴリー記事一覧 

ハゲから回復するまでの過程をざっと振り返ってみると・・

僕がハゲを自覚してから、これまでの活動とそのときどきの状態を振り返ってみると、ざっと次の❶〜❹にまとめられます。

❶薬の力でいっきに回復(〜3ヶ月目)

個人輸入で安く手に入れた「フィンペシア(フィナステリド)」「ミノキシジルタブレット」を中心にした治療で、約3ヶ月でいっきに回復しました。

❷副作用がこわくなってAGA治療専門クリニックへ(4ヶ月目以降)

フィンペシアとミノタブ、どちらも副作用をたしかに感じました。

とくにフィンペシア(フィナステリド)の副作用と思われる「下半身の違和感」を感じ、「やっぱりAGAの専門家に話をきこう」ということでAGA治療専門クリニックへ。

❸以後、薬を減らしつつ髪の毛を維持することへ方向転換(10ヶ月目〜)

クリニックで処方を受けつつ、できるかぎり薬を減らしていく方向へ。

「薬なしで髪の毛を維持できるのか?」をテーマに、さまざまな育毛アイテムについて調べまくりました。

 

❹キャピキシルやヘアマックスなど「エビデンス」が公開されているアイテムを活用(〜現在まで)

調べてみると、「人を対象にした臨床試験」の結果が公表されている、信頼できそうなアイテムをみつけることができました。

薬を減らしつつ、これら「キャピキシル育毛剤」「ヘアマックス」を活用しながら、育毛活動を続けています。

 

まずはこの「AGA治療体験記」から参考にしていただけると幸いです。

 

 

【効果】も【副作用】もあった、医薬品の力

わずか3ヶ月ほどでいっきに回復させてくれた医薬品の力。

「飲み薬で毛が生える」というのが本当だとは思っても見ませんでした。

実際「フィナステリド(フィンペシア)」「ミノキシジルタブレット」で僕の髪の毛はみるみる回復していきました。

ただ、それと同時に「副作用」があったのも事実

ここでは僕が実際に経験した副作用の内容をふくめ、薬にどんな可能性があるのかについてご紹介しています。

 

 

AGA治療専門クリニックのすすめ

「これはもしかして深刻な副作用かも・・!」

当初は効果の高いミノタブ・フィナステリドを個人輸入で使っていましたが、

途中からやはり副作用の影響が怖くなってきました。

 

そこでちょっと遅かったかもしれませんが、

専門知識と臨床経験のある医師の判断のもとに、適切なアドバイスと薬の処方がうけられる、AGA治療専門クリニックの門をたたくことにしました。

いってみてわかったのは、

「個人輸入→AGAクリニック」ではなく
「AGAクリニック→個人輸入」の順番で試すべきだった・・

ということ。

やはり最初に専門的なアドバイスをもらって、薬とのつきあい方になじんでから、自己責任の個人輸入に移行するのがいちばんだと思います。

 

 

「本当に効果が期待できる」育毛剤の研究・実践レポート

「なんとか薬なしで髪の毛を育て、維持していきたい・・」

そんな思いのもと、育毛剤の裏側や成分などについても調べまくりました。

そのなかで「人を対象にした臨床試験で結果がでている」いくつかの成分があることがわかりました。

医薬品として認可もされている「ミノキシジル」(外用剤として)。

そして海外の成分メーカーによって新しく開発され、ミノキシジルと同等か、2〜3倍の効果がある可能性もある「キャピキシル」「ピディオキシジル」「リデンシル」といった新成分。

これらの成分が入った育毛剤を積極的に試していきました。

 実際、「キャピキシル」「ピディオキシジル」配合の『フィンジア』という育毛剤を使っているときに、いちばん髪が増えたのが実感できました。

(>>使ってみて「いちばん効果が実感できた」育毛剤の話

 

いっぽうで、「チャップアップ」「イクオス」「ブブカ」など人気の高い【医薬部外品の育毛剤】については、使った実感+調べれば調べるほど、今のところ「あまりおすすめできない」という評価になっています。

 

 

 

医薬品に匹敵する効果が認められている!「ヘアマックス」が意外にすごかった

「副作用のある医薬品を使わずに、いかに髪の毛をキープするか?」

というのが現在のテーマになっていますが、そのためにもっとも期待できるアイテムのひとつが「低出力レーザー治療器ヘアマックス」です。

なんとFDA(アメリカの厚労省的なもの)に「薄毛の治療効果」が認可されている医療機器です。(「機器としての安全性」ではなく「治療効果」が認可されてます。)

 

実際に使ってみて、頭皮にじんじんくる感覚といい、髪の毛の状態といい、

「たしかにFDAにAGA治療効果が認められているだけのことはある・・」

と実感しています。

日本でももっと有名になっていいと思うので、ぜひ記事をみてみてください。

 

 

育毛サプリの研究・実践レポ

「体の内側から必要な成分や栄養素を届けられる」育毛サプリは、育毛剤やヘアマックスなどの「外側からのアプローチ」と同様にたいせつな育毛アイテムです。

育毛サプリの成分や、その必要な量についてもくわしく調べてみました。

たいせつなのは「何種類の成分が配合されているか?」ではなく、

ちゃんと効果が期待できる量が入っているのか?という点です。

 

そういう目でみていくと、効果が期待できるもの、あまり期待できないものが見分けられるようになりました。

こちらのコーナーでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

自毛植毛はどうなの?施術の仕方や予算について調べてみた

薬や育毛剤によるAGA治療とともに、最終手段としての「自毛植毛」についても詳しく調べてみました。

調べるだけでなく、自毛植毛シェアNo.1の「アイランドタワークリニック」の無料カウンセリングも受けてみて、

  • 自分の状態だと自毛植毛はやったほうがいいのか?
  • もしやるとしたらいくらくらいかかるのか?
  • 具体的にどういったプロセスで植毛するのか?

といった内容を聞いてきました。

「自毛植毛ってどういうものなのか、いまひとつイメージができない」
「予算がどれくらい必要なのか知りたい」

という方には参考にしていただけると思いますので、記事をご覧になってみてください。